HOME 大学

2023.05.26

4×100mRは男女ともに大会新! 女子100mは高校女王・藏重みうが11秒63 宮内和哉は2年連続2冠/関西インカレ
4×100mRは男女ともに大会新! 女子100mは高校女王・藏重みうが11秒63 宮内和哉は2年連続2冠/関西インカレ

23年関西インカレ女子100mを制した藏重みう

◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目

心配された天候も降雨とはならず、コンディションにも恵まれて、ようやく解禁となった集団応援を背に男女4×100mリレーで好記録が誕生した。

広告の下にコンテンツが続きます

先に行われた女子は、前日の予選で45秒12のトップタイムをマークしていた甲南大が関西学生記録に0.11秒と迫る44秒83で快勝。同校の持つ大会記録を6年ぶりに0.15秒も塗り替え、メンバーは「大会記録更新が目標だったのでうれしい」と口を揃え満面の笑みを浮かべた。

1走には100mを11秒63(±0)で制したルーキーの藏重みうを起用して抜け出すと、同2位の岡根和奏(2年)、奥野由萌(2年)、井戸アビゲイル風果(4年)と危なげなくつなぎ、2位の立命大に0.69秒ものの大差をつけて圧勝を飾った。

ルーキーながら100m、4×100mリレーの2種目を制した藏重は昨年のインターハイ100m優勝者。「高2からベスト(11秒58)を更新できずにいましたが、ようやく更新できそうなところまできました。変えたスパイクにも慣れ、ストライドが伸びたことで2次加速にうまくつながるようになりました」と好調の要因を口にする。愛知・中京大中京高を卒業し、初めて親元を離れて独り暮らしを始めており、「最初は環境の変化に戸惑いもありましたが、5月に入りだいぶ慣れてきました。大学では強い選手がそろっているので、練習から緊張感を持って取り組めています」と話す。

その言葉どおり、甲南大は今回の100mでも2位に岡根、4位に井戸が食い込みトリプル入賞を飾った。ケガのためサポートに回った大エースの青山華依(3年)も控えており、「まだバトンが詰まったところもあったので、まだ伸びしろがあります。日本インカレ、日本選手権リレーで学生記録を更新できるよう頑張りたい」と意気込む。秋にはどんな記録が誕生するか注目が集まる。

広告の下にコンテンツが続きます

男子4×100mリレーも前回覇者の関大が38秒91の大会新、学生歴代9位の好タイムで快勝。100mで1位の宮内和哉(4年)が1走、2位の松井健斗(3年)が2走というオーダーで逃げ切った。

エースで主将の宮内は「関西学生記録(38秒82)の更新が目標だったので悔しい面もありますが、大会記録(39秒05)を塗り替え、ボーナスポイント(5点)も稼げチームの総合争いに貢献できてよかった」と100mと合わせ2年連続2冠に笑顔も見せた。100mでは向かい風(-0.5)に阻まれ0.01秒差でベスト(10秒38)の更新を逃したものの「スタートで出遅れてしまいましたが、その後は焦らず落ち着いて走れた。秋には10秒1~2台を狙っていきたい」と手応えをつかんだ様子。100回記念で得た自信を胸に、チーム力を結集し“打倒・関東”を目指し秋の日本インカレに挑む。

2日目を終えて、男子1部総合争いは関大が2位立命大に10.5点差をつけてリード。宮内は「54年ぶりの総合優勝に向け残り2日間全力で応援します」とこの日で競技を終えた。混戦の総合争いもまだまだ目が離せない状況が続く。

◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 心配された天候も降雨とはならず、コンディションにも恵まれて、ようやく解禁となった集団応援を背に男女4×100mリレーで好記録が誕生した。 先に行われた女子は、前日の予選で45秒12のトップタイムをマークしていた甲南大が関西学生記録に0.11秒と迫る44秒83で快勝。同校の持つ大会記録を6年ぶりに0.15秒も塗り替え、メンバーは「大会記録更新が目標だったのでうれしい」と口を揃え満面の笑みを浮かべた。 1走には100mを11秒63(±0)で制したルーキーの藏重みうを起用して抜け出すと、同2位の岡根和奏(2年)、奥野由萌(2年)、井戸アビゲイル風果(4年)と危なげなくつなぎ、2位の立命大に0.69秒ものの大差をつけて圧勝を飾った。 ルーキーながら100m、4×100mリレーの2種目を制した藏重は昨年のインターハイ100m優勝者。「高2からベスト(11秒58)を更新できずにいましたが、ようやく更新できそうなところまできました。変えたスパイクにも慣れ、ストライドが伸びたことで2次加速にうまくつながるようになりました」と好調の要因を口にする。愛知・中京大中京高を卒業し、初めて親元を離れて独り暮らしを始めており、「最初は環境の変化に戸惑いもありましたが、5月に入りだいぶ慣れてきました。大学では強い選手がそろっているので、練習から緊張感を持って取り組めています」と話す。 その言葉どおり、甲南大は今回の100mでも2位に岡根、4位に井戸が食い込みトリプル入賞を飾った。ケガのためサポートに回った大エースの青山華依(3年)も控えており、「まだバトンが詰まったところもあったので、まだ伸びしろがあります。日本インカレ、日本選手権リレーで学生記録を更新できるよう頑張りたい」と意気込む。秋にはどんな記録が誕生するか注目が集まる。 男子4×100mリレーも前回覇者の関大が38秒91の大会新、学生歴代9位の好タイムで快勝。100mで1位の宮内和哉(4年)が1走、2位の松井健斗(3年)が2走というオーダーで逃げ切った。 エースで主将の宮内は「関西学生記録(38秒82)の更新が目標だったので悔しい面もありますが、大会記録(39秒05)を塗り替え、ボーナスポイント(5点)も稼げチームの総合争いに貢献できてよかった」と100mと合わせ2年連続2冠に笑顔も見せた。100mでは向かい風(-0.5)に阻まれ0.01秒差でベスト(10秒38)の更新を逃したものの「スタートで出遅れてしまいましたが、その後は焦らず落ち着いて走れた。秋には10秒1~2台を狙っていきたい」と手応えをつかんだ様子。100回記念で得た自信を胸に、チーム力を結集し“打倒・関東”を目指し秋の日本インカレに挑む。 2日目を終えて、男子1部総合争いは関大が2位立命大に10.5点差をつけてリード。宮内は「54年ぶりの総合優勝に向け残り2日間全力で応援します」とこの日で競技を終えた。混戦の総合争いもまだまだ目が離せない状況が続く。

【動画】女子100mは藏重みうが自己記録に迫る11秒63でV


男子4×100mR学生歴代10傑

38.54 中 大(畠山,川面,河合,飯塚)  2010. 5.22 38.57 東海大(宮﨑,末續,藤本,奥迫)  2001. 9.29 38.58 筑波大(中野,山下,東田,齊藤)  2019. 9.12 38.72 日 大(塚口,三田寺,鈴木,一瀬) 2022. 5.19 38.79 法 大(西垣,大瀨戸,矢野,長田) 2015.10.24 38.81 早 大(北村,九鬼,竹下,橋元)  2013. 5.25 38.82 近 大(髙木,川西,山口,上山)  2021.11. 3 38.86 順 大(泉谷,木下,犬塚,北川)  2019. 9.13 38.91 関 大(宮内,松井,濱田,山田)  2023. 5.25 39.03 東洋大(津波,宮本,松尾,大野)  2018. 5.25

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top