HOME 国内、大学

2023.04.30

5000mVの佐藤圭汰 米国武者修行の成果に手応え「取り組みが間違っていないことを確認できた」/織田記念
5000mVの佐藤圭汰 米国武者修行の成果に手応え「取り組みが間違っていないことを確認できた」/織田記念

23年織田記念男子5000mを制した佐藤圭汰

◇第57回織田幹雄記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム広島)

日本グランプリシリーズG1の織田記念のフィーナーレを飾った男子5000mは佐藤圭汰(駒大)が、ダニエル・ディリツ(NTT西日本)との一騎打ちを制し、13分27秒04でグランプリシリーズ初優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

激しい雨が降る悪コンディションの中、「ペースメーカーが流れを作ってくれたので、終始余裕を持ってレースを進められた」と佐藤。3000mを8分07秒、4000mを10分49秒と刻み、ラストでもしっかりとスパートを効かせた。

今季は5000mでブタペスト世界選手権出場を目指す。「今の力では13分07秒00の参加標準を期間内に切るのは難しく、ポイントをしっかり取りたいと思っていたので、勝ち切れてよかったです。ペースメーカーが離れる4000mからが勝負と思っていました。ラスト1000mで後続を引き離せたのは収穫です」と笑顔で振り返る。

駅伝シーズン終了後、トラックシーズン前に米国に渡り、強豪選手と練習を積んだ経験が一回り大きくさせた。「スピード練習の設定タイムも質が高く、取り組む姿勢や考え方など刺激を受けた」という。特にラストの切り替えに課題を持つ佐藤にとって、「ラストのキレを出すための補強などフィジカル面の取り組みは、帰国後、できるところからやっているところです」。

今回も海外勢を振り切り、「取り組みが間違っていないことを確認できた」と成長を実感。この後に出場を予定するセイコーゴールデングランプリの3000m、そして勝負となる日本選手権で、「遠藤(日向/住友電工)さんなど、強い選手と勝負できるよう仕上げていきたい」と意気込みを口にする。

広告の下にコンテンツが続きます

代表の座をつかみ取ることに加え、タイム的には13分15秒切りがターゲット。「ホクレンなどでタイムを出して世界選手権に臨みたい」と青写真を描く。今季から2年生となり、昨シーズン大学駅伝3冠を果たしたチームの中心的存在として、「チームを引っ張っていければ」ときっぱり。決意も新たに2023年トラックシーズンを駆け抜ける。

◇第57回織田幹雄記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム広島) 日本グランプリシリーズG1の織田記念のフィーナーレを飾った男子5000mは佐藤圭汰(駒大)が、ダニエル・ディリツ(NTT西日本)との一騎打ちを制し、13分27秒04でグランプリシリーズ初優勝を果たした。 激しい雨が降る悪コンディションの中、「ペースメーカーが流れを作ってくれたので、終始余裕を持ってレースを進められた」と佐藤。3000mを8分07秒、4000mを10分49秒と刻み、ラストでもしっかりとスパートを効かせた。 今季は5000mでブタペスト世界選手権出場を目指す。「今の力では13分07秒00の参加標準を期間内に切るのは難しく、ポイントをしっかり取りたいと思っていたので、勝ち切れてよかったです。ペースメーカーが離れる4000mからが勝負と思っていました。ラスト1000mで後続を引き離せたのは収穫です」と笑顔で振り返る。 駅伝シーズン終了後、トラックシーズン前に米国に渡り、強豪選手と練習を積んだ経験が一回り大きくさせた。「スピード練習の設定タイムも質が高く、取り組む姿勢や考え方など刺激を受けた」という。特にラストの切り替えに課題を持つ佐藤にとって、「ラストのキレを出すための補強などフィジカル面の取り組みは、帰国後、できるところからやっているところです」。 今回も海外勢を振り切り、「取り組みが間違っていないことを確認できた」と成長を実感。この後に出場を予定するセイコーゴールデングランプリの3000m、そして勝負となる日本選手権で、「遠藤(日向/住友電工)さんなど、強い選手と勝負できるよう仕上げていきたい」と意気込みを口にする。 代表の座をつかみ取ることに加え、タイム的には13分15秒切りがターゲット。「ホクレンなどでタイムを出して世界選手権に臨みたい」と青写真を描く。今季から2年生となり、昨シーズン大学駅伝3冠を果たしたチームの中心的存在として、「チームを引っ張っていければ」ときっぱり。決意も新たに2023年トラックシーズンを駆け抜ける。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top