HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.12.10

【箱根駅伝エントリー】明大は小澤大輝、富田峻平、児玉真輝ら主力が順当メンバー入り、吉川響と森下翔太の都大路Vコンビも登録
【箱根駅伝エントリー】明大は小澤大輝、富田峻平、児玉真輝ら主力が順当メンバー入り、吉川響と森下翔太の都大路Vコンビも登録

明大は富田峻平ら主力が力をつけてきた。3年ぶりシード奪還果たせるか

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

予選会からシード校への返り咲きを狙う明大は、主将の小澤大輝をはじめ、エースの富田峻平、1年時から箱根路を駆けてきた加藤大誠、櫛田佳希ら、前回5区の下條乃將ら4年生が6人エントリーされた。

また、3年生エースの児玉真輝をはじめ、主力は順当に名前を連ねている。上級生中心の顔ぶれとなったが、2年生の新谷紘ノ介、尾﨑健斗は、区間ふたケタ順位だった全日本大学駅伝からの巻き返しに期待が懸かる。

ルーキーは4人がエントリー。昨年末の全国高校駅伝で優勝した広島・世羅高出身の吉川響と森下翔太、駅伝の名門・仙台育英高で主将を務めた堀颯介、ロードに強く、箱根予選会でチーム7番手だった室田安寿と、いずれも即戦力候補だ。

一昨年、昨年と戦力が充実していながら、序盤の出遅れが響き、2年連続でシード権を逃した。一方で復路は3年連続でひとケタ順位が続いており、序盤から流れに乗れれば、十分にシード権を奪還することは可能な顔ぶれだ。

12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

●明大のエントリー選手は次ページ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 予選会からシード校への返り咲きを狙う明大は、主将の小澤大輝をはじめ、エースの富田峻平、1年時から箱根路を駆けてきた加藤大誠、櫛田佳希ら、前回5区の下條乃將ら4年生が6人エントリーされた。 また、3年生エースの児玉真輝をはじめ、主力は順当に名前を連ねている。上級生中心の顔ぶれとなったが、2年生の新谷紘ノ介、尾﨑健斗は、区間ふたケタ順位だった全日本大学駅伝からの巻き返しに期待が懸かる。 ルーキーは4人がエントリー。昨年末の全国高校駅伝で優勝した広島・世羅高出身の吉川響と森下翔太、駅伝の名門・仙台育英高で主将を務めた堀颯介、ロードに強く、箱根予選会でチーム7番手だった室田安寿と、いずれも即戦力候補だ。 一昨年、昨年と戦力が充実していながら、序盤の出遅れが響き、2年連続でシード権を逃した。一方で復路は3年連続でひとケタ順位が続いており、序盤から流れに乗れれば、十分にシード権を奪還することは可能な顔ぶれだ。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ●明大のエントリー選手は次ページ
■明大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回14位、出雲不出場、予選会2位、全日本9位 漆畑 瑠人(4年/鹿児島城西高・鹿児島) 小澤 大輝(4年/韮山高・静岡)主将 加藤 大誠(4年/鹿児島実高・鹿児島) 櫛田 佳希(4年/学法石川高・福島) 下條 乃將(4年/東京実高・東京) 富田 峻平(4年/八千代松陰高・千葉) 児玉 真輝(3年/鎌倉学園高・神奈川) 斎藤 拓海(3年/市船橋高・千葉) 杉 彩文海(3年/鳥栖工高・佐賀) 尾﨑 健斗(2年/浜松商高・静岡) 新谷紘ノ介(2年/世羅高・広島) 鈴木 祐太(2年/鎌倉学園高・神奈川) 吉川  響(1年/世羅高・広島) 堀  颯介(1年/仙台育英高・宮城) 室田 安寿(1年/宮崎日大高・宮崎) 森下 翔太(1年/世羅高・広島)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top