HOME 駅伝

2022.11.04

富士通が4区から独走で3連覇!ニューイヤー駅伝は「マラソン組」に頼らず王座奪還へ/東日本実業団対抗駅伝
富士通が4区から独走で3連覇!ニューイヤー駅伝は「マラソン組」に頼らず王座奪還へ/東日本実業団対抗駅伝

◇第63回東日本実業団対抗駅伝(11月3日/埼玉・7区間76.9km)

広告の下にコンテンツが続きます

来年1月1日に上州路を舞台に開催される全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会を兼ねた第63回東日本実業団対抗駅伝は11月3日、さいたま市の埼玉県庁前から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間・76.9kmのコースで行われ、富士通が3時間42分01秒で3年連続5回目の優勝を飾った。2位のHondaに40秒の大差をつけた。

コロナ禍の影響で公道を使わず、熊谷スポーツ文化公園内の周回路で行われた昨年、一昨年はアンカー決戦にもつれたが、今年は4区の横手健で単独首位に立つと、後半は圧巻のタスキリレー。今年度からチーム全体を率いる高橋健一監督の第一声は「ホッとしています」だった。

「正直、3連覇はうれしいんですよ。でも、未だにここで予選落ちをしたことが頭から離れなくて……」

富士通にとって4年前に起きた悪夢。2019年の東日本大会で17位にとどまり、全日本実業団駅伝への連続出場が「29」で途切れた。

広告の下にコンテンツが続きます

そこから一丸となってチームを再生し、21年のニューイヤー駅伝では12年ぶりの優勝。「予選落ち」の悔しさを払拭する快走に沸いたが、連覇が懸かった今年の元日は、12位にとどまったことがまた高橋監督(当時は駅伝監督)の胸をざわつかせた。

高橋監督が「失敗だった」という失速の要因はいくつかある。2区の外国人ランナーが2番手の選手だったこと。最長4区に起用した東京五輪マラソン代表の中村匠吾が区間26位に終わったこと、など。次の全日本大会に向けて今、高橋監督が一番頭を悩ませるのが「東日本のメンバーにマラソン組をどう絡めるか」。

オレゴン世界選手権のマラソン代表だった鈴木健吾や中村は故障明けで今回補欠に回ったが、「距離の長い全日本ではどうしてもマラソン組を使いたくなる」のが本音。しかし、「それで(前回)失敗した」ことも高橋監督の反省材料としては大きい。

「東日本で走らなかった選手の中にも使いたかった選手が数名いるので、次はマラソン組に頼らずやりたい、という気持ちもあります」

広告の下にコンテンツが続きます

昨年はアンカーで、今年は4区でチームの東日本大会優勝を決定づけた29歳の横手は「まだ全日本でチームに貢献できてないので」と、ニューイヤー駅伝での出番を渇望する。

「夏合宿からマラソンを意識した練習をしている」という横手あたりにエース区間を任せられるチーム事情になれば、高橋監督の言う「マラソン組の起用回避」が現実味を増す。

◇第63回東日本実業団対抗駅伝(11月3日/埼玉・7区間76.9km) 来年1月1日に上州路を舞台に開催される全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会を兼ねた第63回東日本実業団対抗駅伝は11月3日、さいたま市の埼玉県庁前から熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場までの7区間・76.9kmのコースで行われ、富士通が3時間42分01秒で3年連続5回目の優勝を飾った。2位のHondaに40秒の大差をつけた。 コロナ禍の影響で公道を使わず、熊谷スポーツ文化公園内の周回路で行われた昨年、一昨年はアンカー決戦にもつれたが、今年は4区の横手健で単独首位に立つと、後半は圧巻のタスキリレー。今年度からチーム全体を率いる高橋健一監督の第一声は「ホッとしています」だった。 「正直、3連覇はうれしいんですよ。でも、未だにここで予選落ちをしたことが頭から離れなくて……」 富士通にとって4年前に起きた悪夢。2019年の東日本大会で17位にとどまり、全日本実業団駅伝への連続出場が「29」で途切れた。 そこから一丸となってチームを再生し、21年のニューイヤー駅伝では12年ぶりの優勝。「予選落ち」の悔しさを払拭する快走に沸いたが、連覇が懸かった今年の元日は、12位にとどまったことがまた高橋監督(当時は駅伝監督)の胸をざわつかせた。 高橋監督が「失敗だった」という失速の要因はいくつかある。2区の外国人ランナーが2番手の選手だったこと。最長4区に起用した東京五輪マラソン代表の中村匠吾が区間26位に終わったこと、など。次の全日本大会に向けて今、高橋監督が一番頭を悩ませるのが「東日本のメンバーにマラソン組をどう絡めるか」。 オレゴン世界選手権のマラソン代表だった鈴木健吾や中村は故障明けで今回補欠に回ったが、「距離の長い全日本ではどうしてもマラソン組を使いたくなる」のが本音。しかし、「それで(前回)失敗した」ことも高橋監督の反省材料としては大きい。 「東日本で走らなかった選手の中にも使いたかった選手が数名いるので、次はマラソン組に頼らずやりたい、という気持ちもあります」 昨年はアンカーで、今年は4区でチームの東日本大会優勝を決定づけた29歳の横手は「まだ全日本でチームに貢献できてないので」と、ニューイヤー駅伝での出番を渇望する。 「夏合宿からマラソンを意識した練習をしている」という横手あたりにエース区間を任せられるチーム事情になれば、高橋監督の言う「マラソン組の起用回避」が現実味を増す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top