HOME 高校

2022.10.29

成田がV奪還 1時間10分55秒で2年ぶり11回目の都大路/千葉県高校駅伝
成田がV奪還 1時間10分55秒で2年ぶり11回目の都大路/千葉県高校駅伝


◇千葉県高校駅伝(10月29日/旭市・千葉県総合スポーツセンター東総運動場折り返しコース)

5区間21.0975kmで行われた女子は成田が1時間10分55秒で2年ぶりの優勝。11回目の全国切符を手にした。

県女王の座を奪還し、歓喜の輪ができた。「昨年はメンバー外。3年生になって初めての高校駅伝でした。大役を担って優勝できてうれしいです」とアンカーの長島奈南(3年)は笑顔を見せた。

1区を務めたのは昨年の全中1500m3位の今西紗世(1年)。レースとしては初の6kmだったが3000m9分14秒02の走力を生かして集団を牽引。中継所直前に日体大柏に先行を許したが4秒差の2位でタスキをつないだ。

続く2区は主将の鈴木優菜(3年)。「今西がしっかりとつないできてくれたので、私は楽しく走れました」。中継所を出てすぐにトップを奪うと、後続とのリードを広げた。2位に浮上した市船橋とは47秒差。その後は3区の横澤奈夏(3年)、4区の南莉花(3年)、長島も区間賞で、2位に2分08秒差をつける快勝だった。

県4連覇を狙った前回は日体大柏に2分12秒届かず悔し涙。今季は今西の入学で戦力がアップしリベンジを誓っていた。調子が上がらない選手が多かったが、県大会を前に状態を上げてきた。

「現状で力をしっかりと出せたと思います。都大路では1時間8分台を狙っていきたい」と松澤誠監督。鈴木主将は「故障していた分、ここから冬に向けてレベルアップしたいです」と意気込み、今西は「今回は悔しかったけど、都大路では最後まで先頭集団につけたいです」と力を込めた。

全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

◇千葉県高校駅伝(10月29日/旭市・千葉県総合スポーツセンター東総運動場折り返しコース) 5区間21.0975kmで行われた女子は成田が1時間10分55秒で2年ぶりの優勝。11回目の全国切符を手にした。 県女王の座を奪還し、歓喜の輪ができた。「昨年はメンバー外。3年生になって初めての高校駅伝でした。大役を担って優勝できてうれしいです」とアンカーの長島奈南(3年)は笑顔を見せた。 1区を務めたのは昨年の全中1500m3位の今西紗世(1年)。レースとしては初の6kmだったが3000m9分14秒02の走力を生かして集団を牽引。中継所直前に日体大柏に先行を許したが4秒差の2位でタスキをつないだ。 続く2区は主将の鈴木優菜(3年)。「今西がしっかりとつないできてくれたので、私は楽しく走れました」。中継所を出てすぐにトップを奪うと、後続とのリードを広げた。2位に浮上した市船橋とは47秒差。その後は3区の横澤奈夏(3年)、4区の南莉花(3年)、長島も区間賞で、2位に2分08秒差をつける快勝だった。 県4連覇を狙った前回は日体大柏に2分12秒届かず悔し涙。今季は今西の入学で戦力がアップしリベンジを誓っていた。調子が上がらない選手が多かったが、県大会を前に状態を上げてきた。 「現状で力をしっかりと出せたと思います。都大路では1時間8分台を狙っていきたい」と松澤誠監督。鈴木主将は「故障していた分、ここから冬に向けてレベルアップしたいです」と意気込み、今西は「今回は悔しかったけど、都大路では最後まで先頭集団につけたいです」と力を込めた。 全国大会は12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【高校生FOCUS】男子走幅跳・成川倭士(東海大翔洋高)インターハイに出場して狙うは大台到達

FOCUS! 高校生INTERVIEW 成川 倭士 Narukawa Wakushi 東海大翔洋高3静岡 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は成川倭士選手(東海大翔洋高3)です。昨年6月のインター […]

NEWS 円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top