月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子円盤投五輪銅メダルのY.ぺレスらキューバ勢が亡命か 男子走幅跳のエチェバリアも

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

女子円盤投東京五輪銅メダルのY.ペレス(キューバ)が今月24日まで米国で開催されたオレゴン世界選手権に出場した後、亡命していたことがわかった。英BBCなどが報じている。

ペレスはオレゴン選手権に出場して7位入賞。その後、帰路のマイアミで行方がわからなくなったという。また、同じくキューバ代表で女子やり投のY.バラール・ロジャースと、理学療法士のカルロス・ゴンサレス氏が、世界選手権へ向かう途上で逃亡していた。バラール・ロジャースは昨年のU20世界選手権で銅メダルを獲得している選手で、今大会にもエントリーしていたが、これにより出場していなかった。

キューバは共産主義の国で、かねてより亡命する者が多かったが、最近では経済状況の悪化により、さらに増加しているものとみられる。今年に入ってからだけでもレスリングやカヌーの選手が亡命しているほか、男子走幅跳で東京五輪銀メダルのJ.M.エチェバリアも亡命していたことが報じられている。エチェバリアはどの国で国籍を取得するのか明らかになっていない。

陸上界では、男子三段跳で東京五輪とオレゴン世界選手権で金メダルのP.ピチャルド(ポルトガル)や、同種目で18年にU20世界選手権を制しているJ.A.ディアス(スペイン)など、元キューバ国籍の選手がいる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com