月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸上20km競歩連覇の山西利和が愛知県東海市初の市民栄誉賞受賞


28日、オレゴン世界選手権男子20km競歩で大会2連覇を果たした山西利和(愛知製鋼)に、愛知県東海市から市民栄誉賞が贈られることが発表された。

26歳の山西は大学卒業後の18年4月に東海市を拠点にする愛知製鋼に入社。同年のジャカルタ・アジア大会で2位となり、昨年には東京五輪メダルを獲得したことを受け、東海市スポーツ功労賞を受賞した。いずれも、同市では初の受賞者となった。

山西は昨年、出身地の京都府長岡京市からもスポーツ特別顕彰が贈られている。

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com