月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【誌面転載】全中駅伝Side Story/倉本晃羽(白子3三重)が1区区間賞

トラック全国経験なしの倉本が1区区間賞の快挙


各校のエースランナーが多く集まる1区で区間賞を獲得したのが倉本晃羽(白子3三重)だ。2年生で出場した前回も1区に登場して11位と健闘したが、トラックでの全国出場経験はゼロ。11月に行われた東海大長距離競技会3000mで2019年中学最高の8分27秒92をマークして、にわかに注目を集めていた。
区間賞が目標だったという倉本は「風が強かったので、前に出て風よけにされないよう、中盤までは後ろで控えていました」と、市貝(栃木)の薄根大河が積極的に集団を引っ張るのとは対照的に、2kmを過ぎるまで先頭からやや下がったポジションをキープ。中継所まで残り300mのトラックに入った時点でも、まだ5番手にいた。「最後の坂でみんな疲れるだろうから、狙っていた」とスパートを仕掛けたのは残り200mから。前を行くライバルをカーブの外側からかわして残り50mでついにトップに立ち、9分09秒で2区に中継した。
「目標どおりに区間賞が取れてうれしい」と、思い描いたとおりのレースに笑顔が弾けた倉本。2019年は全中出場を目指していたものの、通信大会が行われた7月は猛暑の影響で調子を落として参加標準記録を切れなかった。さらに出場予定だった10月のジュニア五輪は大会が台風で中止と不運にも見舞われたが、最後の中学駅伝で実力を遺憾なく発揮した。
この大会で三重県勢の区間賞は男女を通じて初めて。その存在を全国に知らしめ、「高校でも全国1位の座を守っていきたいですね」と次のステージでの目標を掲げた。
(大久保雅文)
※2020年1月14日発売の『月刊陸上競技2月号』では、さまざまな全中駅伝の記事を掲載しています

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com