HOME 高校・中学

2022.03.30

【高校生FOCUS】男子八種競技・高橋諒(桐朋) 狙うは「5800~5900点でインターハイ連覇」
【高校生FOCUS】男子八種競技・高橋諒(桐朋) 狙うは「5800~5900点でインターハイ連覇」

FOCUS! 高校生INTERVIEW
高橋 諒  Takahashi Ryo
桐朋1東京

広告の下にコンテンツが続きます

活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年の福井インターハイ男子八種競技で高1最高の5528点を叩き出し、種目初の1年生チャンピオンに輝いた高橋諒選手(桐朋・東京)にインタビューしました。その後も順調に記録を伸ばし、まもなく2年生に進級する今季も進化に目が離せませんが、そのために「あること」を止めた様子。果たしてそれは――。

2021年は最高のシーズン

――昨年はどんなシーズンでしたか?
高橋 ひと言で言うと、最高のシーズンでした。シーズン当初に思っていたレベルよりだいぶ上に行きました。投稿一覧

――混成の試合で印象に残っているのは。
高橋 一番は都大会(5305点で優勝)ですね。最初の100mで気持ちよく走れたことが印象に残っています。その日の400mが50秒台(50秒96)が出て、「よっしゃ!」と思いました。
南関東大会の踏み切り板に乗らなくて6m70を跳んだ走幅跳も良かったですね。それで手応えをつかみました。それでインターハイのファウルラインから「2cm手前の奇跡」を起こしたんです(6m95)。

――秋は混成ではなく、さまざまな種目に挑戦しました。
高橋 110mハードルと走幅跳でいい記録が出て(14秒68/7m04、追い風2.1mの参考記録では7m14)、100mもあと一歩で10秒台のところまできました(11秒03)ので、大満足です。

広告の下にコンテンツが続きます

――どの種目の伸びが一番うれしかったですか。
高橋 好きな走幅跳ですね。思い切り走って、思い切り踏み切って、1秒くらい空中を飛んでいるところが好きです。

――U18大会は110mハードル(U20規格)で出場しました。
高橋 予選では同学年で、2020年全国中学生大会四種競技を優勝した(高橋)大史(山形中央高)と同じ組でした。久しぶりに話をしましたよ。ただ、レースは5台目まで1位だったんですが、ハードルをぶつけてしまって……。スピードが落ちてしまったのにベストが出て(14秒32)、良かったのか悪かったのか(笑)。

アスリートの自覚を

――冬季練習では何に取り組みましたか?
高橋 1月初旬に合宿へ行って、坂でのダッシュとか、結構きつい練習をして帰ってきました。走り込みもして、300mとかもメニューにしましたね。また、冬季のテーマとして、スピードを上げたいと思ってやってきました。そのベース作りとして走り込みをしたり、1週間に1回はハードルをしています。まだ、走幅跳は1本も跳んでいないです。

――パワーも上がったのでは?
高橋 11月に入って東京都のテクニカルサポート事業に参加してコントロールテストをした時は、ベンチプレスが62.5kgでした。それが、72.5kgまで自然と上がっていました。とくに何をしたわけでもなく。たぶん、桐朋高校の練習でメディシンボール投げをたくさんやっているからかなと思います。中学の時はそれほどやっていなかったですが、この冬から始まりました。砲丸投も最低ベースで11mまで届くレベルになっています。

広告の下にコンテンツが続きます

――試合が楽しみですね?
高橋 実は……、先生に最近「脂肪がついてきているな」と言われて、「わかるんだな」と思いました。家に帰ると「何かない?」が口癖で、お菓子をついつい食べてしまっていました。もう「何かない?」を止めます! これからはアスリートとしての自覚を持ってやっていこうと思います!

――新シーズンの目標をお願いします。
高橋 都大会はちゃんと通過して、南関東大会あたりでは都高校記録(5727点)の更新を狙っていきたい。インターハイでは5800~5900点を狙って優勝したいです。種目別で一番の目標は100m10秒台です。昨年は10秒台、7m(走幅跳)、14秒台(110mハードル)の3つを狙ったうち、唯一果たせなかった目標なので、それをぜひ達成したい。八種競技内の課題では、走幅跳の記録を安定して出すことです。最低値が7mになることを目指していきます。

――そこまできたら、6000点を意識しませんか。
高橋 今の種目別の自己ベストを足しても、まだ5890点なんです。6000点はまだ雲の上です。

――将来の目標は?
高橋 将来は本当に想像できないんです。大学では競技を続けると思いますが、その自分の姿が見えないですね。実は円盤投や棒高跳にも興味があるんです。

広告の下にコンテンツが続きます


◎たかはし・りょう/2005年9月26日生まれ。東京・桐朋中→桐朋高。中2で四種競技に取り組むと、その年の大阪全中に出場。中3シーズンは、8月の東京都中学通信で2987点の中学歴代3位(現4位)を叩き出し、10月の全国中学生大会は3091点の中学新記録を出した高橋大史(上山南3山形/現・山形中央高)に次ぐ2位。内部進学で迎えた高1シーズンは八種競技でシーズン序盤から好記録を連発。福井インターハイでこの種目初の1年生Vを成し遂げた。全種目まんべんなく得点を重ねるオールラウンダータイプ。八種競技の自己ベストは5528点(2021年)。

構成/奥村 崇

FOCUS! 高校生INTERVIEW 高橋 諒  Takahashi Ryo 桐朋1東京 活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年の福井インターハイ男子八種競技で高1最高の5528点を叩き出し、種目初の1年生チャンピオンに輝いた高橋諒選手(桐朋・東京)にインタビューしました。その後も順調に記録を伸ばし、まもなく2年生に進級する今季も進化に目が離せませんが、そのために「あること」を止めた様子。果たしてそれは――。

2021年は最高のシーズン

――昨年はどんなシーズンでしたか? 高橋 ひと言で言うと、最高のシーズンでした。シーズン当初に思っていたレベルよりだいぶ上に行きました。投稿一覧 ――混成の試合で印象に残っているのは。 高橋 一番は都大会(5305点で優勝)ですね。最初の100mで気持ちよく走れたことが印象に残っています。その日の400mが50秒台(50秒96)が出て、「よっしゃ!」と思いました。 南関東大会の踏み切り板に乗らなくて6m70を跳んだ走幅跳も良かったですね。それで手応えをつかみました。それでインターハイのファウルラインから「2cm手前の奇跡」を起こしたんです(6m95)。 ――秋は混成ではなく、さまざまな種目に挑戦しました。 高橋 110mハードルと走幅跳でいい記録が出て(14秒68/7m04、追い風2.1mの参考記録では7m14)、100mもあと一歩で10秒台のところまできました(11秒03)ので、大満足です。 ――どの種目の伸びが一番うれしかったですか。 高橋 好きな走幅跳ですね。思い切り走って、思い切り踏み切って、1秒くらい空中を飛んでいるところが好きです。 ――U18大会は110mハードル(U20規格)で出場しました。 高橋 予選では同学年で、2020年全国中学生大会四種競技を優勝した(高橋)大史(山形中央高)と同じ組でした。久しぶりに話をしましたよ。ただ、レースは5台目まで1位だったんですが、ハードルをぶつけてしまって……。スピードが落ちてしまったのにベストが出て(14秒32)、良かったのか悪かったのか(笑)。

アスリートの自覚を

――冬季練習では何に取り組みましたか? 高橋 1月初旬に合宿へ行って、坂でのダッシュとか、結構きつい練習をして帰ってきました。走り込みもして、300mとかもメニューにしましたね。また、冬季のテーマとして、スピードを上げたいと思ってやってきました。そのベース作りとして走り込みをしたり、1週間に1回はハードルをしています。まだ、走幅跳は1本も跳んでいないです。 ――パワーも上がったのでは? 高橋 11月に入って東京都のテクニカルサポート事業に参加してコントロールテストをした時は、ベンチプレスが62.5kgでした。それが、72.5kgまで自然と上がっていました。とくに何をしたわけでもなく。たぶん、桐朋高校の練習でメディシンボール投げをたくさんやっているからかなと思います。中学の時はそれほどやっていなかったですが、この冬から始まりました。砲丸投も最低ベースで11mまで届くレベルになっています。 ――試合が楽しみですね? 高橋 実は……、先生に最近「脂肪がついてきているな」と言われて、「わかるんだな」と思いました。家に帰ると「何かない?」が口癖で、お菓子をついつい食べてしまっていました。もう「何かない?」を止めます! これからはアスリートとしての自覚を持ってやっていこうと思います! ――新シーズンの目標をお願いします。 高橋 都大会はちゃんと通過して、南関東大会あたりでは都高校記録(5727点)の更新を狙っていきたい。インターハイでは5800~5900点を狙って優勝したいです。種目別で一番の目標は100m10秒台です。昨年は10秒台、7m(走幅跳)、14秒台(110mハードル)の3つを狙ったうち、唯一果たせなかった目標なので、それをぜひ達成したい。八種競技内の課題では、走幅跳の記録を安定して出すことです。最低値が7mになることを目指していきます。 ――そこまできたら、6000点を意識しませんか。 高橋 今の種目別の自己ベストを足しても、まだ5890点なんです。6000点はまだ雲の上です。 ――将来の目標は? 高橋 将来は本当に想像できないんです。大学では競技を続けると思いますが、その自分の姿が見えないですね。実は円盤投や棒高跳にも興味があるんです。 ◎たかはし・りょう/2005年9月26日生まれ。東京・桐朋中→桐朋高。中2で四種競技に取り組むと、その年の大阪全中に出場。中3シーズンは、8月の東京都中学通信で2987点の中学歴代3位(現4位)を叩き出し、10月の全国中学生大会は3091点の中学新記録を出した高橋大史(上山南3山形/現・山形中央高)に次ぐ2位。内部進学で迎えた高1シーズンは八種競技でシーズン序盤から好記録を連発。福井インターハイでこの種目初の1年生Vを成し遂げた。全種目まんべんなく得点を重ねるオールラウンダータイプ。八種競技の自己ベストは5528点(2021年)。 構成/奥村 崇

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top