月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

1500m五輪入賞・田中希実が今春、豊田自動織機に入社「自分の殻を破っていきたい」

豊田自動織機は3月22日、女子1500mの日本記録保持者で東京五輪8位入賞の田中希実(豊田自動織機TC)が、同志社大を卒業後の今春より入社すると発表した。

兵庫・西脇工高卒業後は同志社大に進学した田中。大学の陸上部には所属せずにクラブチームとして活動し、豊田自動織機TCとして大学2年時よりサポートを受けていた。同社を通じ「このような『縁』を大事に、4月から豊田自動織機女子陸上競技部の一員として、人としても成長していけるよう、自分の殻を破っていきたいと思います」とコメントしている。

兵庫県小野市出身の田中は、18年U20世界選手権3000m優勝、19年ドーハ世界選手権5000m代表、21年の東京五輪には1500mと5000mで出場して1500m8位入賞している。自己記録は800m2分02秒36(日本歴代5位)、1500m3分59秒19(日本記録)、5000m14分59秒93(日本歴代5位)。すでに1500mと5000mでオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破しているため、日本選手権で3位以内に入れば代表に内定する。

■田中希実のコメント全文
大学2年の頃から豊田自動織機TC という形でサポートをしていただき、個人を尊重していただいたおかげで、世界の舞台で結果を残していけるようになりました。
このような「縁」を大事に、4月から豊田自動織機女子陸上競技部の一員として、人としても成長していけるよう、自分の殻を破っていきたいと思います。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com