月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

レジェンド福士加代子が競技生活にピリオド「走るのが楽しくて辞めたくなかったけど走れなくなった」


日本陸上界が誇るレジェンド・福士加代子(ワコール)が最後の舞台に選んだのは、挫折も栄光も味わった大阪だった。

大阪ハーフマラソンに出場した福士は1時間16分04秒で30位。途中、何度も脚が止まりそうになりながら、ヤンマースタジアム長居に笑顔で戻ってきた。あのとき、転んでも笑顔だった最後の直線。右手を何度も挙げて拍手に応え、笑顔でフィニッシュラインを切った。福士加代子のアスリート人生が幕を閉じた。

「こんなボロボロになるはずじゃなかった。かっこよく終わるイメージでしたがあんな感じになった」。レース後は「きつい」と連呼と笑った。

最後まで「速く、かっこよく走る」ことにこだわりがあった。最後のレースを前に出場した都道府県対抗女子駅伝の後は「もう少し仕上げたい」と語っていた福士。追い求めてきた速さはなかったかもしれないが、その姿は誰が見てもかっこよかった。

「最初と最後がここでよかった」。青森・五所川原工高から2000年にワコールに入社。トラックで数々の金字塔を打ち立てて「トラックの女王」と称された。満を持してマラソンに挑戦したのが2008年の大阪国際女子。その時は後半でエネルギー切れを起こし、途中何度も転倒しながらフィニッシュにたどり着いた。

マラソンは「嫌なことだらけ」。だからこそ「隠しようがない。マラソン練習は自分と会話するしかない。自分と向き合えたのはマラソンのお陰」。この日も「最初のきつかったレースを思い出した」。最後のレースを終え、「全部ひっくるめて(マラソンが)好きになった」。

それでも福士は笑顔で走り続けた。13年に初優勝(優勝者がドーピング違反のため繰り上げ)を飾ると、同年のモスクワ世界選手権で銅メダルを獲得。16年も優勝し、自身4度目、マラソンでは初のオリンピックとなるリオ五輪代表をつかみ取った。挫折も栄光も、大阪で味わった。

今後はワコールに残ってランニングイベントなどに参加する予定。「だらだらな生活をして、朝も起きない。夜まで起きている」。走るとすれば「体型維持のため」と笑った。

「走るのが楽しかった辞めたくなかった。でも、走れなくなったので終わりにします!」

女子長距離界を牽引し続けてきたレジェンドは、最後の最後まで笑顔で走り続けた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com