月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山梨学大は1区・木山達哉、2区・オニエゴで流れ作れるか 主将の松倉、前回1区の新本は補欠/箱根駅伝区間エントリー


来年の1月2日、3日に行われる第98回箱根駅伝の区間エントリーが12月29日に発表された。

前回19位に沈んだ山梨学大は予選会を4位で通過と力のあるところを見せた。前回4区で区間賞を獲得したポール・オニエゴ(4年)は2区に登録。予選会でチーム内日本人トップだった松倉唯斗(4年)は補欠登録され、同2番手だった木山達哉(3年)は1区にエントリーされた。

前回8区を入った篠原楓(3年)は10区へ、1区を走った新本駿(2年)は補欠登録された。秋に10000mで28分台をマークした伊東大暉(3年)は4区、坪井海門(4年)は8区にエントリー。

過去3度の総合優勝を誇るが、シード権は16年大会を最後に遠ざかり、以降は下位争いから抜け出せていない。まずは調子の良い1、2区でどれだけ流れを作れるかがカギとなりそうだ。

1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。正選手と補欠の入れ替えは6人が可能で、往路・復路それぞれ1日最大4人まで変更できる。なお、区間の入れ替えはできない。

●山梨学大
2年連続35回目
前回19位、予選会4位
●区間エントリー
1区 木山 達哉(3年/尽誠学園高・香川)
2区 ポール・オニエゴ(4年/モゴンガ高・ケニア)
3区 高木 翔瑛(2年/熊本工高・熊本)
4区 伊東 大暉(3年/鹿児島実高・鹿児島)
5区 成毛 志優(4年/富里高・千葉)
6区 矢島 洸一(4年/山梨学院高・山梨)
7区 川口航士郎(4年/東海大山形高・山形)
8区 坪井 海門(4年/明成高・宮城)
9区 石部 夏希(3年/相洋高・神奈川)
10区 篠原  楓(3年/新居浜東高・愛媛)
・補欠
松倉 唯斗(4年/明成高・宮城)主将
岩谷  翼(3年/学法石川高・福島)
橘田 大河(3年/山梨学院高・山梨)
北村 惇生(2年/世羅高・広島)
新本  駿(2年/報徳学園高・兵庫)
高田 尚暉(1年/花輪高・秋田)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com