月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山陽女子ロードのエントリー発表 東京五輪代表の山中柚乃、安藤友香ら


12月19日に行われる第40回山陽女子ロードレース(岡山市)のエントリー選手が発表された。

有森裕子杯のハーフマラソンには158人が登録。10000mで今夏の東京五輪に出場した安藤友香(ワコール)や、同3000m障害代表の山中柚乃(愛媛銀行)らが出場する。地元・岡山の天満屋からは谷本観月、今年の名古屋ウィメンズで3位に入った松下菜摘らが出場する。11月の全日本実業団対抗女子駅伝で3位と躍進したデンソーからは前回覇者のゼイトナ・フーサンのほか、復調気配が漂う小笠原朱里が登録している。

10kmの人見絹枝杯は171人が登録。全日本実業団駅伝で積水化学の初Vメンバー・森智香子のほか、倉敷高出身で連覇を狙うアグネス・ムカリ(京セラ)、ナオミ・ムッソーニ(ユニバーサルエンターテインメント)らが出場を予定。レースはシティライトスタジアム発着のコース。来年開催予定の世界ハーフマラソン選手権(中国・揚州)の日本代表選考会を兼ねる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com