月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

積水化学が初V、創部25年目の悲願達成!! 予選トップの資生堂が2位、3連覇狙った日本郵政は4位/クイーンズ駅伝

◇第41回全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城/宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42.195㎞)

第41回全日本実業団対抗女子駅伝は11月28日、宮城県松島町文化観光交流館前をスタート、仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台でフィニッシュする6区間42.195㎞のコースで行われ、積水化学が2時間13分03秒の大会新記録で初優勝を飾った。

積水化学は1区9位スタートから、2区の東京五輪1500m代表・卜部蘭の区間新で追い上げの流れを作ると、3区の佐藤早也伽が5位から一気に首位を奪取した。

4区の弟子丸小春がしっかりとトップをキープすると、5区に控えたエース・新谷仁美が資生堂・五島莉乃に1秒差で区間賞こそ逃したものの区間新の力走で初Vを決定づけた。そして地元宮城・仙台育英高卒2年目のアンカー・木村梨七が、右手人差し指を突き上げてフィニッシュテープを切った。

前回は3区の新谷で一時独走態勢を築いたものの、5区でJP日本郵政グループに逆転を許した。過去最高の2位でも悔し涙。その思いを胸にそれぞれが力を高め、1年後、見事に歓喜の涙へと変え、創部25年目での悲願を達成した。

2位は予選トップ通過の資生堂が入り、3位はデンソー。4連覇を狙ったJP日本郵政グループは4位にとどまった。以下、5位にダイハツ、6位にヤマダホールディングス、7位にユニバーサルと続き、8位のワコールまでが来年のシード権を獲得した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com