【月陸NEWS】ドーハ世界選手権DAY9結果&DAY10日程 男子4継がアジア新で3位!

【月陸NEWS】
ドーハ世界選手権DAY9結果&DAY10日程
男子4継 アジア新記録で2大会連続銅メダル!

TBS放送予定
日本陸連特設サイト
競技日程
IAAF世界選手権ページ
国別エントリー
ライブリザルト

 大会9日目に行われた男子4×100mリレー決勝で、またも〝リレー侍〟が魅せた。
予選から1走を小池祐貴(住友電工)から多田修平(同)に変え、2走以降は白石黄良々(セレスポ)、桐生祥秀(日本生命)、サニブラウン・A・ハキーム(フロリダ大)で臨んだ日本は、アジア新記録となる37秒43をマークして3位。2大会連続で銅メダルを獲得した。

 女子5000m決勝に臨んだ田中希実(豊田自動織機TC)が予選に続いてベスト更新となる15分00秒02(日本歴代2位)をマークし、順位こそ14位にとどまったが実力を発揮した。木村文子(エディオン)と寺田明日香(パソナグループ)の2人が女子100mハードル予選に臨んだが惜しくも敗退。男子やり投の新井涼平(スズキ浜松AC)も80m超えで意地を見せたが決勝に進むことはできなかった。

 東京五輪への出場権を目指して予選に臨んだ男子4×400mリレーだったが決勝進出ならず。9日目に予選通過した種目はなく、残念ながら日本勢は最終日に登場しないことになる。

DAY9 日本人結果

男子4×100mリレー決勝
日本(多田,白石,桐生,サニブラウン)
3位 37秒43=日本新、アジア新
銅メダルを獲得した男子4×100mR

男子4×400mR予選
日本(ウォルシュ,飯塚,佐藤,若林)
1組5着 3分02秒05
男子4×400mR写真は2走の飯塚翔太

男子マラソン
山岸宏貴(GMOアスリーツ)
25位 2時間16分43秒

川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)
29位 2時間17分59秒

二岡康平(中電工)
37位 2時間19分23秒

男子やり投予選
新井涼平(スズキ浜松AC)
B組8位(全体15位) 81m71 敗退

女子5000m決勝
田中希実(豊田自動織機TC) 14位 15分00秒01日本歴代2位

女子100mH予選
寺田明日香(パソナグループ)1組5着 13秒20(+0.5)) 敗退

木村文子(エディオン)2組5着 13秒19(+0.2) 敗退

DAY10(10月6日)競技日程

1:05 女子100mH 準決勝
1:15 女子走幅跳 決勝
1:40 男子1500m 決勝
1:55 男子やり投 決勝
2:00 男子10000m 決勝
2:50 女子100mH 決勝
3:15 女子4×400mR 決勝
3:30 男子4×400mR 決勝

PHOTO/SHOT