月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

宇都宮文星女がトラックレースを制して2年連続の全国切符 男子は那須拓陽が4年連続の都大路/栃木県高校駅伝

栃木県高校駅伝は11月3日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで行われ、個人のトラックレースのタイム合計で全国高校駅伝の代表校を選出した。女子(5区間21000m)は昨年、20年ぶりに全国大会に出場した宇都宮文星女が2年連続4回目の制覇。男子(7区間42000m)は那須拓陽が2時間10分13秒で4年連続12回目の優勝を果たした。

宇都宮文星女は1、2年生で臨み、1区(6000m)で山田未唯(2年)が後続に10秒差をつけて1位でフィニッシュすると、その後の2区(4000m)の深澤雫月(1年)、3区(3000m)の粕谷雫(1年)、4区(3000m)の國井あかり(1年)、5区(5000m)の蓬田梨世蘭(2年)もすべてトップ。「全区間制覇」で2位に1分52秒差をつけて快勝した。

那須拓陽は1区(10000m)を務めた手塚太一(3年)が2位に37秒のリードを奪うと、3区(8000m)の松本海音(3年)、4区(8000m)に藤田アトム(3年)、5区(3000m)の岡田楓真(3年)もトップでフィニッシュ。その後、2位の佐野日大にやや盛り返されたが、1分31秒差で制した。

全国大会は12月26日、京都・たけびしスタジアム京都で行われる。那須拓陽は4年連続12回目、宇都宮文星女は2年連続4回目の都大路となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com