月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

五輪代表・萩谷楓が1500mで日本歴代9位の快走!「最後にキレを出せた」/全日本実業団


◇全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)1日目

全日本実業団対抗の1日目、女子1500mが行われた。優勝したのはヘレン・エカラレ(豊田自動織機)が4分06秒38をマーク。2位に入ったのは東京五輪で5000m代表の萩谷楓(エディオン)だった。レースは終始、エカラレがリードし、1500m五輪代表の卜部蘭(積水化学)がついていく。

その後ろで淡々と前を追ったのが萩谷。「あきらめずに前を追って、最後はキレを出せた」という萩谷が、フィニッシュ直前で卜部をかわし、2番手に。4分11秒34は日本歴代9位の好記録で、自身のベストを約2秒短縮した。

「今回は楽しんで走って、どれだけ行けるか。スピードがどれだけ出るのかを確認したかった」と臨んだ萩谷。「夏合宿では走り込みばかりでしたが、それでも自己ベストが出せたのは大きな収穫でした」と自己新に納得の表情を浮かべる。

東京五輪5000mでは15分04秒95(日本歴代6位)の自己ベストをマークしたが予選12位で決勝進出ならず。だが、すでに来年のユージン世界選手権の参加標準記録は突破している。「世界に出るだけじゃなく、そこで結果を残す。入賞を狙っていきたい。もっと力が必要」と、さらなる高みを目指していく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com