月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界陸連室内ツアー・ゴールド開幕!ドーハ200m金のアッシャー・スミス、ラヴィレニ、エチェバリアらがV


1月29日、ドイツ・カールスルーエで世界陸連室内ツアー・ゴールドラベル大会の初戦が開催された。女子60mでは19年ドーハ世界選手権の200m覇者、D.アッシャー・スミス(英国)が7秒08で優勝。2015年に出した自己ベストと同タイムで、英国タイ記録だった。

今大会では2種目で大会新記録が誕生。男子棒高跳のR.ラヴィレニ(フランス)は今季世界最高の5m95、女子砲丸投A.ドンモ(ポルトガル、※16年リオ五輪にはカメルーン代表として出場)が屋外の自己ベストを上回る19m65でそれぞれ優勝し、記録を塗り替えた。

注目を集めた男子走幅跳はJ.M.エチェバリア(キューバ)が8m18をマークして制している。男女の3000mではケニア勢が活躍。女子では19年世界選手権3000m障害金メダリストのB.チェプコエチが8分41秒98で優勝。男子はB.ベルゲンが7分34秒12で制した。

世界陸連室内ツアーのゴールドラベル大会は2月24日マドリード(スペイン)まで残り5戦が行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com