HOME 駅伝

2020.12.20

【駅伝】男子も世羅!「速さを強さに」変え、史上最多10度目V/全国高校駅伝
【駅伝】男子も世羅!「速さを強さに」変え、史上最多10度目V/全国高校駅伝


◇全国高校駅伝(12月20日/京都・たけびしスタジアム京都)

全国高校駅伝の男子が12月20日に京都で行われ、世羅(広島)が2時間1分31秒で5年ぶり10度目の優勝。先に行われた女子に続き、15年に続いて男女優勝を果たした。

 新宅昭二監督は「最後までドキドキでしたが、選手たちを信じていました」と教え子たちの走りを振り返る。留学生のコスマス・ムワンギ(2年)を3区に据え、そこまでにどれだけ粘りを見せられるかがポイントだった世羅。1区の森下翔太(2年)が区間9位と上々のスタートを切ると、2区の吉本真啓 (3年)も区間5位で4人を抜いた。続くムワンギは、区間新となる22分39秒でこちらも4人を抜いてトップに立つ。4区の主将・新谷紘ノ介(3年)は、「中間くらいで差し込み(脇腹痛)が来て、ラスト上げられなかった」とヒヤリとしたが、5区の1年生・石堂壮真、6区の古川響(2年)がそれぞれ区間ひとケタでしのいで勝負あり。最後は「夢中で走った」という塩出翔太(2年)が区間3位で逃げ切った。

 塩出は「小学生の時に世羅が男女優勝している(2015年)をスタンドで観ていた。「『あんな素敵なチームに入れればいいな。世羅に入って優勝したい』と思っていました。今回、それが達成できてうれしいです」と喜びを語る。

 新谷は「トラックシーズンで個性が強すぎてバラバラになりそうになったこともあった」と心境を打ち明けるが、「1年間、優勝を目標にしてきて、都大路のためにと一つになれました」とチームをまとめた。

「女子が勝ったことで男子も」と新宅先生や新谷。これで優勝回数を最多10度目、初めてふたケタに乗せた。来年に向けて「1、2年生が強いので連覇、そして先輩たちの大会記録(2時間1分18秒)に挑戦してほしい」と新谷は後輩たちへ夢を託した。

■世羅の優勝記録
世羅(広島) 2時間1分31秒
1区 森下翔太(2年)     29.18=区間9位
2区 吉本真啓(3年)     8.09=区間5位
3区 コスマス・ムワンギ(2年) 22.39=区間1位、区間新
4区 新谷紘ノ介(3年)    23.35=区間13位
5区 石堂壮真(1年)     8.49=区間5位
6区 吉川 響(2年)     14.41=区間6位
7区 塩出翔太(2年)     14.20=区間3位

◇全国高校駅伝(12月20日/京都・たけびしスタジアム京都) 全国高校駅伝の男子が12月20日に京都で行われ、世羅(広島)が2時間1分31秒で5年ぶり10度目の優勝。先に行われた女子に続き、15年に続いて男女優勝を果たした。  新宅昭二監督は「最後までドキドキでしたが、選手たちを信じていました」と教え子たちの走りを振り返る。留学生のコスマス・ムワンギ(2年)を3区に据え、そこまでにどれだけ粘りを見せられるかがポイントだった世羅。1区の森下翔太(2年)が区間9位と上々のスタートを切ると、2区の吉本真啓 (3年)も区間5位で4人を抜いた。続くムワンギは、区間新となる22分39秒でこちらも4人を抜いてトップに立つ。4区の主将・新谷紘ノ介(3年)は、「中間くらいで差し込み(脇腹痛)が来て、ラスト上げられなかった」とヒヤリとしたが、5区の1年生・石堂壮真、6区の古川響(2年)がそれぞれ区間ひとケタでしのいで勝負あり。最後は「夢中で走った」という塩出翔太(2年)が区間3位で逃げ切った。  塩出は「小学生の時に世羅が男女優勝している(2015年)をスタンドで観ていた。「『あんな素敵なチームに入れればいいな。世羅に入って優勝したい』と思っていました。今回、それが達成できてうれしいです」と喜びを語る。  新谷は「トラックシーズンで個性が強すぎてバラバラになりそうになったこともあった」と心境を打ち明けるが、「1年間、優勝を目標にしてきて、都大路のためにと一つになれました」とチームをまとめた。 「女子が勝ったことで男子も」と新宅先生や新谷。これで優勝回数を最多10度目、初めてふたケタに乗せた。来年に向けて「1、2年生が強いので連覇、そして先輩たちの大会記録(2時間1分18秒)に挑戦してほしい」と新谷は後輩たちへ夢を託した。 ■世羅の優勝記録 世羅(広島) 2時間1分31秒 1区 森下翔太(2年)     29.18=区間9位 2区 吉本真啓(3年)     8.09=区間5位 3区 コスマス・ムワンギ(2年) 22.39=区間1位、区間新 4区 新谷紘ノ介(3年)    23.35=区間13位 5区 石堂壮真(1年)     8.49=区間5位 6区 吉川 響(2年)     14.41=区間6位 7区 塩出翔太(2年)     14.20=区間3位

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

NEWS インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

2024.05.21

インターハイ都府県大会 週末は大阪で開催 東北、北信越、東海、中国、九州でも行われ一挙23府県で実施

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、各地で行われているインターハイ都府県大会。明日5月22日の石川を皮切りに、来週前半までに23府県で開幕する。 北から順に、東北では青森、岩 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top