月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】男子も世羅!「速さを強さに」変え、史上最多10度目V/全国高校駅伝


◇全国高校駅伝(12月20日/京都・たけびしスタジアム京都)

全国高校駅伝の男子が12月20日に京都で行われ、世羅(広島)が2時間1分31秒で5年ぶり10度目の優勝。先に行われた女子に続き、15年に続いて男女優勝を果たした。

 新宅昭二監督は「最後までドキドキでしたが、選手たちを信じていました」と教え子たちの走りを振り返る。留学生のコスマス・ムワンギ(2年)を3区に据え、そこまでにどれだけ粘りを見せられるかがポイントだった世羅。1区の森下翔太(2年)が区間9位と上々のスタートを切ると、2区の吉本真啓 (3年)も区間5位で4人を抜いた。続くムワンギは、区間新となる22分39秒でこちらも4人を抜いてトップに立つ。4区の主将・新谷紘ノ介(3年)は、「中間くらいで差し込み(脇腹痛)が来て、ラスト上げられなかった」とヒヤリとしたが、5区の1年生・石堂壮真、6区の古川響(2年)がそれぞれ区間ひとケタでしのいで勝負あり。最後は「夢中で走った」という塩出翔太(2年)が区間3位で逃げ切った。

 塩出は「小学生の時に世羅が男女優勝している(2015年)をスタンドで観ていた。「『あんな素敵なチームに入れればいいな。世羅に入って優勝したい』と思っていました。今回、それが達成できてうれしいです」と喜びを語る。

 新谷は「トラックシーズンで個性が強すぎてバラバラになりそうになったこともあった」と心境を打ち明けるが、「1年間、優勝を目標にしてきて、都大路のためにと一つになれました」とチームをまとめた。

「女子が勝ったことで男子も」と新宅先生や新谷。これで優勝回数を最多10度目、初めてふたケタに乗せた。来年に向けて「1、2年生が強いので連覇、そして先輩たちの大会記録(2時間1分18秒)に挑戦してほしい」と新谷は後輩たちへ夢を託した。

■世羅の優勝記録
世羅(広島) 2時間1分31秒
1区 森下翔太(2年)     29.18=区間9位
2区 吉本真啓(3年)     8.09=区間5位
3区 コスマス・ムワンギ(2年) 22.39=区間1位、区間新
4区 新谷紘ノ介(3年)    23.35=区間13位
5区 石堂壮真(1年)     8.49=区間5位
6区 吉川 響(2年)     14.41=区間6位
7区 塩出翔太(2年)     14.20=区間3位


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com