月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】箱根駅伝出場校のエースたちが激突!帝京大の星が日本人トップ 駒大1年・鈴木が快走/10000m記録挑戦競技会

23日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで関東学連主催の10000m記録挑戦競技会が行われ、箱根駅伝出場校のエースたちが競い合った。

同競技会は出場選手の目標タイムによって組分けされ、設定タイムがもっとも高かった9組目では帝京大の星岳(4年)が大学記録を10秒以上塗り替える28分20秒63でトップ。「しっかり走れば自己ベストは出るだろうと思っていた。駅伝を想定して組トップを意識していたので、達成できて良かったです。今日は良い走りができたけど、箱根は別物だと思うので、しっかり切り替えていきたい」と話した。

同組2着は駒大1年の鈴木芽吹が初10000mながらU20日本歴代12位の28分23秒87をマークしている。また、同じく駒大1年の花尾恭輔も28分30秒48の好記録だった。

なお、7組目には武蔵野学院大のチャールズ・カマウ(1年)が独走で27分30秒09をマークしタイムレース全体トップ。2008年にメクボ・ジョブ・モグス(山梨学大)が樹立した学生記録(27分27秒64)に迫った。

今年の箱根駅伝王者、青学大勢も出場し、吉田圭太(4年)が28分32秒34で全体8位。近藤幸太郎(2年)が28分35秒28のベストをマークした。注目された岸本大紀(2年)は欠場している。

リザルト



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com