HOME 国内

2024.04.14

七種競技・萩原このか「身体の使い方見直し」念願の“タイトル”/東京選手権混成
七種競技・萩原このか「身体の使い方見直し」念願の“タイトル”/東京選手権混成

東京混成七種競技を制した萩原このか

◇東京選手権・混成競技(2024年4月13、14日/東京・駒沢陸上競技場)

日本グランプリシリーズのポイント対象大会となる東京選手権・混成競技が行われ、女子七種競技は萩原このか(デカキッズAC)が5435点で優勝。社会人ベストをマークし、念願の全国タイトルを手にした。

「全体的にアベレージが上がってきた」と振り返るように、3月に5266点を出した時から、100mハードルは0.3秒ほどタイムを縮める14秒64(+1.1)でスタートすると、得意の走高跳は1m70、砲丸投11m33まですべて上積み。200mは向かい風で25秒86(-0.7)だったが、2日目は「助走などいろいろ試してみた」という中でまとめてみせた。

ラストの800mは大学2年時以来の2分20秒切り。総合2位から熱田心(岡山陸協)を逆転して拳を握りしめた。

悲願のタイトルだった。地元・東京出身で、白梅学園高時代から七種競技のトップ選手だった。2年時には1つ上のヘンプヒル恵(現・アトレ)らに食らいついて2位。日本一を狙った3年目だったが、ケガで力を発揮できずに4位となり涙に暮れた。

東学大を卒業し、しばらくは「とらふぐ亭」に就職して競技を続けてきたが、昨年から環境を変え、「デカキッズAC」で子どもたちを教えながらトレーニング。混成競技の大切さを伝えつつ、クラウドファンディングで種目の魅力を伝えようと活動に勤しんでいる。

昨年から「技術的なところより、身体の使い方を見直して、身体をコントロールできるようになってきました」と好調の要因を話す。

26歳。2日間、走・跳・投を戦う過酷な種目で、小さな身体を目一杯使った気持ちあふれるパフォーマンスを見せてきた。

「本当に楽しい。だからこの年までやってるんです」。まずは自己ベストの5471点を超え、そして「5600、5700点と上げていきたい。日本選手権まであとひと頑張りします」と萩原。山﨑有紀(スズキ)、ヘンプヒル、大玉華鈴(日体大SMG横浜)の三強を崩す構えだ。

◇東京選手権・混成競技(2024年4月13、14日/東京・駒沢陸上競技場) 日本グランプリシリーズのポイント対象大会となる東京選手権・混成競技が行われ、女子七種競技は萩原このか(デカキッズAC)が5435点で優勝。社会人ベストをマークし、念願の全国タイトルを手にした。 「全体的にアベレージが上がってきた」と振り返るように、3月に5266点を出した時から、100mハードルは0.3秒ほどタイムを縮める14秒64(+1.1)でスタートすると、得意の走高跳は1m70、砲丸投11m33まですべて上積み。200mは向かい風で25秒86(-0.7)だったが、2日目は「助走などいろいろ試してみた」という中でまとめてみせた。 ラストの800mは大学2年時以来の2分20秒切り。総合2位から熱田心(岡山陸協)を逆転して拳を握りしめた。 悲願のタイトルだった。地元・東京出身で、白梅学園高時代から七種競技のトップ選手だった。2年時には1つ上のヘンプヒル恵(現・アトレ)らに食らいついて2位。日本一を狙った3年目だったが、ケガで力を発揮できずに4位となり涙に暮れた。 東学大を卒業し、しばらくは「とらふぐ亭」に就職して競技を続けてきたが、昨年から環境を変え、「デカキッズAC」で子どもたちを教えながらトレーニング。混成競技の大切さを伝えつつ、クラウドファンディングで種目の魅力を伝えようと活動に勤しんでいる。 昨年から「技術的なところより、身体の使い方を見直して、身体をコントロールできるようになってきました」と好調の要因を話す。 26歳。2日間、走・跳・投を戦う過酷な種目で、小さな身体を目一杯使った気持ちあふれるパフォーマンスを見せてきた。 「本当に楽しい。だからこの年までやってるんです」。まずは自己ベストの5471点を超え、そして「5600、5700点と上げていきたい。日本選手権まであとひと頑張りします」と萩原。山﨑有紀(スズキ)、ヘンプヒル、大玉華鈴(日体大SMG横浜)の三強を崩す構えだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top