HOME 国内、日本代表

2024.02.13

男子走高跳連覇に挑む赤松諒一 ケガ明け初戦に「どこまで自己ベストに近づけるか」三段跳・池畠も「まずは自己新を」
男子走高跳連覇に挑む赤松諒一 ケガ明け初戦に「どこまで自己ベストに近づけるか」三段跳・池畠も「まずは自己新を」

アジア室内に向けて出発した山本有真、赤松諒一、多田修平、池畠旭佳瑠

第11回アジア室内選手権(2月17日~19日)に出場する日本代表男子9名、女子5名が2月13日、開催地のイラン・テヘランに向かって出発した。

それに先立って代表選手が取材に応じ、前回王者として挑む男子走高跳の赤松諒一(アワーズ)は、「優勝を狙いつつ、記録も自己ベスト近くまでいけるかを試していきたい」と話した。

昨年は、当時自己タイの2m28をクリア。22年オレゴン世界陸上銀メダリストのウ・サンヒョク(韓国)に競り勝つ殊勲の金メダルに輝き、その後、ブダペスト世界陸上8位入賞まで一気に駆け上がった。

だが、その直前に左足小指の第5中足骨を骨折していた影響で、冬季の始動は遅れ気味。トレーニング再開が昨年12月で、本格的な跳躍練習は「2週間ぐらい前から」始めたばかりだ。練習の強度は問題なくなっているが、「試合の負荷だとどうか」を確認しながらの今年初戦となりそうだ。

それでも、「問題ないと思います」と言えるほどの自信を昨シーズンで得た。連覇に向けて、「最低限2m20以上を跳んで、どこまで自己ベスト(2m30)に近づいていけるか」と想定。今大会をきっかけに、パリ五輪参加標準記録の2m33もしっかりと見据える。

「去年、ずっと最後のカーブから踏み切りにかけてのスピードアップを重点的に取り組んできました。それをさらに上げ、クリアランスの改善であと3㎝は十分にいけると思っています」

2m35の日本記録を持つ戸邉直人(JAL)がアキレス腱断裂から復帰し、東京五輪イヤーに現役を退いた衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)も1週間前の日本選手権室内から第一線に復帰した。「めちゃくちゃ怖い」と苦笑いしつつ、「僕が第一線でやっていくんだという気持ちを持っています」と世界陸上入賞者としてのプライドをのぞかせた。

男子三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)は「室内のベストが16m45なのでまずはそこを超えつつ、日本記録やパリ五輪の標準記録を目指したい」と力強く語る。

昨年はアジア選手権で銀メダルを獲得し、ブダペスト世界陸上にも初出場。本番では予選敗退に終わったが、「技術よりもフィジカルの強さ」を感じたという。それは池畠自身も、強みにしているところ。「改めて(基礎体力という)基本に忠実になることができた。世界陸上がいい経験になっています」。

冬季の成果をアジアの舞台で確認し、「力を出せば戦える手応えがある」というパリ五輪へのステップとする。

第11回アジア室内選手権(2月17日~19日)に出場する日本代表男子9名、女子5名が2月13日、開催地のイラン・テヘランに向かって出発した。 それに先立って代表選手が取材に応じ、前回王者として挑む男子走高跳の赤松諒一(アワーズ)は、「優勝を狙いつつ、記録も自己ベスト近くまでいけるかを試していきたい」と話した。 昨年は、当時自己タイの2m28をクリア。22年オレゴン世界陸上銀メダリストのウ・サンヒョク(韓国)に競り勝つ殊勲の金メダルに輝き、その後、ブダペスト世界陸上8位入賞まで一気に駆け上がった。 だが、その直前に左足小指の第5中足骨を骨折していた影響で、冬季の始動は遅れ気味。トレーニング再開が昨年12月で、本格的な跳躍練習は「2週間ぐらい前から」始めたばかりだ。練習の強度は問題なくなっているが、「試合の負荷だとどうか」を確認しながらの今年初戦となりそうだ。 それでも、「問題ないと思います」と言えるほどの自信を昨シーズンで得た。連覇に向けて、「最低限2m20以上を跳んで、どこまで自己ベスト(2m30)に近づいていけるか」と想定。今大会をきっかけに、パリ五輪参加標準記録の2m33もしっかりと見据える。 「去年、ずっと最後のカーブから踏み切りにかけてのスピードアップを重点的に取り組んできました。それをさらに上げ、クリアランスの改善であと3㎝は十分にいけると思っています」 2m35の日本記録を持つ戸邉直人(JAL)がアキレス腱断裂から復帰し、東京五輪イヤーに現役を退いた衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)も1週間前の日本選手権室内から第一線に復帰した。「めちゃくちゃ怖い」と苦笑いしつつ、「僕が第一線でやっていくんだという気持ちを持っています」と世界陸上入賞者としてのプライドをのぞかせた。 男子三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)は「室内のベストが16m45なのでまずはそこを超えつつ、日本記録やパリ五輪の標準記録を目指したい」と力強く語る。 昨年はアジア選手権で銀メダルを獲得し、ブダペスト世界陸上にも初出場。本番では予選敗退に終わったが、「技術よりもフィジカルの強さ」を感じたという。それは池畠自身も、強みにしているところ。「改めて(基礎体力という)基本に忠実になることができた。世界陸上がいい経験になっています」。 冬季の成果をアジアの舞台で確認し、「力を出せば戦える手応えがある」というパリ五輪へのステップとする。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top