HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.12.29

箱根駅伝2024区間エントリーがいよいよ今日発表!100回大会の主役候補たちはどこに入る!?
箱根駅伝2024区間エントリーがいよいよ今日発表!100回大会の主役候補たちはどこに入る!?

第99回箱根駅伝スタートの様子

来年1月2日、3日に行われる第100回箱根駅伝の区間エントリーが今日12月29日に締め切られ、例年当日発表される。

すでに12月10日に16人のチームエントリーが発表済み。この中から、往路5人、復路5人、補員6人がこの今日登録。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

■第100回箱根駅伝出場校の選手名鑑

各校、主力をどこに配置するか。史上初の2年連続3冠が懸かる駒大は、鈴木芽吹(4年)、篠原倖太朗(3年)、佐藤圭汰(2年)のエース3人衆をどう配置するか。補員登録で他校のオーダーの様子を見る可能性もあるだろう。

前回2位の中大は2区、3区で連続区間賞を獲得した吉居大和、中野翔太(ともに4年)を同じ区間に並べるか、また別の区間に配置するか。2年ぶり頂点を狙う青学大は今季急成長を遂げた黒田朝日(2年)の起用法にも注目が集まる。

また、今季は4年生世代に大物が多い。順大・三浦龍司、東海大・石原翔太郎ら1年時から活躍を続ける選手や、前回大会で5区区間記録を樹立するなどブレイクした城西大の山本唯翔など、最後の箱根路に挑むエースたちの動向からも目が離せない。区間オーダーで、指揮官たちの思惑を垣間見ることができるだろう。

優勝争い、上位争い、そしてシード権争いと、いずれも熾烈な戦いが繰り広げられそう100回目の箱根駅伝。区間エントリーにも注目だ。

■第100回箱根駅伝出場校の選手名鑑
■箱根駅伝特設ページ

来年1月2日、3日に行われる第100回箱根駅伝の区間エントリーが今日12月29日に締め切られ、例年当日発表される。 すでに12月10日に16人のチームエントリーが発表済み。この中から、往路5人、復路5人、補員6人がこの今日登録。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ■第100回箱根駅伝出場校の選手名鑑 各校、主力をどこに配置するか。史上初の2年連続3冠が懸かる駒大は、鈴木芽吹(4年)、篠原倖太朗(3年)、佐藤圭汰(2年)のエース3人衆をどう配置するか。補員登録で他校のオーダーの様子を見る可能性もあるだろう。 前回2位の中大は2区、3区で連続区間賞を獲得した吉居大和、中野翔太(ともに4年)を同じ区間に並べるか、また別の区間に配置するか。2年ぶり頂点を狙う青学大は今季急成長を遂げた黒田朝日(2年)の起用法にも注目が集まる。 また、今季は4年生世代に大物が多い。順大・三浦龍司、東海大・石原翔太郎ら1年時から活躍を続ける選手や、前回大会で5区区間記録を樹立するなどブレイクした城西大の山本唯翔など、最後の箱根路に挑むエースたちの動向からも目が離せない。区間オーダーで、指揮官たちの思惑を垣間見ることができるだろう。 優勝争い、上位争い、そしてシード権争いと、いずれも熾烈な戦いが繰り広げられそう100回目の箱根駅伝。区間エントリーにも注目だ。 ■第100回箱根駅伝出場校の選手名鑑 ■箱根駅伝特設ページ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top