HOME 大学

2023.12.16

三浦龍司、村竹ラシッドらに日本学生記録章を贈与 ブダペスト女子20km競歩代表・柳井綾音は「パリ五輪の出場権を獲得し、世界で活躍を」
三浦龍司、村竹ラシッドらに日本学生記録章を贈与 ブダペスト女子20km競歩代表・柳井綾音は「パリ五輪の出場権を獲得し、世界で活躍を」

23年日本学生新記録章贈与式の様子。写真中央の柳井綾音(立命大)を挟んで左が立命大・十倉みゆきコーチ、左が東京国際大・中村勇太コーチ

日本学連は12月16日、2023年日本学生新記録章贈与式を都内で開催した。

2023年に日本記録、および日本学生記録を樹立した選手を表彰するもの。今年は男子3000m障害で8分09秒91の日本新記録を樹立した三浦龍司(順大)、同110mハードルで13秒04の日本タイ記録をマークした村竹ラシッド(同)、マラソンで2時間7分47秒をマークした横田俊吾(青学大/現・JR東日本)ら6名が7種目で日本学生新記録を打ち立てている。各選手、および指導者に記念の盾と副賞の目録が贈られた。

出席した柳井綾音(立命大)は「このような章をいただけたことを、すごくうれしく思います」と感謝の言葉を述べ、ブダペスト世界陸上20㎞競歩出場など世界の舞台に立った経験を糧に、「来年のパリ五輪出場権獲得を目指し、その舞台で活躍できるようにがんばりたい」と続けた。同大女子長距離の十倉みゆきコーチは「長距離と競歩の2種目を兼ねており、現在は12月30日の富士山女子駅伝に向けて駅伝選手としてがんばり、12月31日からは競歩選手としてオリンピックを目指していきます」と話した。

5000m13分00秒17、10000m27分06秒88と2種目で学生記録保持者となったリチャード・エティーリを指導する中村勇太コーチは、「2種目ともに今季の国内最高タイムで、世界でもトップ30に入る記録(10000mは23年世界リスト5位)。学生のトップだけではなく、世界のトップを目指せる選手。そういった選手が自分を高める場として日本、そして日本の大学を選んでくれたことに感謝しています。来年のパリ五輪、再来年の東京世界陸上に、日本の学生として出場することを目標にがんばっていきたい」とあいさつした。

また、欠席となった現役学生からはビデオメッセージが届けられ、三浦は「この章を励みに、来年のパリ五輪に向けてさらに競技力の向上を目指し、メダルを獲得できるようにがんばりたい」、村竹は「日本学生新記録を樹立できて本当にうれしく思います。来年は、まずはパリ五輪の出場権を獲得すること、また五輪の舞台では決勝進出を果たしてメダルを獲得できるようがんばりたい」と世界に向けての抱負を力強く語った。

女子ハンマー投で65m33の学生新をマークした村上来花(九州共立大)は「この記録を出せたことで自身を持ちながら今シーズンを終えることができた。来年度も陸上界、投てき会を盛り上げ、飛躍の年にできるよう努めていきたい」と話し、エティーリは「とてもうれしいです。来年は駅伝がんばります」と意気込みを語った。

日本学連は12月16日、2023年日本学生新記録章贈与式を都内で開催した。 2023年に日本記録、および日本学生記録を樹立した選手を表彰するもの。今年は男子3000m障害で8分09秒91の日本新記録を樹立した三浦龍司(順大)、同110mハードルで13秒04の日本タイ記録をマークした村竹ラシッド(同)、マラソンで2時間7分47秒をマークした横田俊吾(青学大/現・JR東日本)ら6名が7種目で日本学生新記録を打ち立てている。各選手、および指導者に記念の盾と副賞の目録が贈られた。 出席した柳井綾音(立命大)は「このような章をいただけたことを、すごくうれしく思います」と感謝の言葉を述べ、ブダペスト世界陸上20㎞競歩出場など世界の舞台に立った経験を糧に、「来年のパリ五輪出場権獲得を目指し、その舞台で活躍できるようにがんばりたい」と続けた。同大女子長距離の十倉みゆきコーチは「長距離と競歩の2種目を兼ねており、現在は12月30日の富士山女子駅伝に向けて駅伝選手としてがんばり、12月31日からは競歩選手としてオリンピックを目指していきます」と話した。 5000m13分00秒17、10000m27分06秒88と2種目で学生記録保持者となったリチャード・エティーリを指導する中村勇太コーチは、「2種目ともに今季の国内最高タイムで、世界でもトップ30に入る記録(10000mは23年世界リスト5位)。学生のトップだけではなく、世界のトップを目指せる選手。そういった選手が自分を高める場として日本、そして日本の大学を選んでくれたことに感謝しています。来年のパリ五輪、再来年の東京世界陸上に、日本の学生として出場することを目標にがんばっていきたい」とあいさつした。 また、欠席となった現役学生からはビデオメッセージが届けられ、三浦は「この章を励みに、来年のパリ五輪に向けてさらに競技力の向上を目指し、メダルを獲得できるようにがんばりたい」、村竹は「日本学生新記録を樹立できて本当にうれしく思います。来年は、まずはパリ五輪の出場権を獲得すること、また五輪の舞台では決勝進出を果たしてメダルを獲得できるようがんばりたい」と世界に向けての抱負を力強く語った。 女子ハンマー投で65m33の学生新をマークした村上来花(九州共立大)は「この記録を出せたことで自身を持ちながら今シーズンを終えることができた。来年度も陸上界、投てき会を盛り上げ、飛躍の年にできるよう努めていきたい」と話し、エティーリは「とてもうれしいです。来年は駅伝がんばります」と意気込みを語った。

2023年に誕生した日本学生記録

★=日本記録 ☆=日本タイ記録 【男子】 5000m 13分00秒17 R.エティーリ(東京国際大) 5/4 ゴールデンゲームズInのべおか 10000m 27分06秒88 R.エティーリ(東京国際大) 4/22 日体大長距離競技会 110mH ☆13秒04 村竹ラシッド(順大) 9/16 日本インカレ 3000mSC ★8分09秒91 三浦龍司(順大) 6/9 ダイヤモンドリーグ・パリ大会 マラソン 2時間7分47秒 横田俊吾(青学大) 2/5 別府大分毎日マラソン 【女子】 ハンマー投 65m33 村上来花(九州共立大) 4/1 九州共立大チャレンジ競技会 10000mW 44分27秒72 柳井綾音(立命大) 6/10 順大競技会

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top