HOME 中学

2023.11.20

岡山は京山が男女とも大会新で制す! 兵庫は男子・安室 、女子・大原が初優勝 前回男子8位の広島・向陽も県大会連覇/中学駅伝
岡山は京山が男女とも大会新で制す! 兵庫は男子・安室 、女子・大原が初優勝 前回男子8位の広島・向陽も県大会連覇/中学駅伝

23年全中女子1500m優勝の黒田六花

12月17日に行われる第31回全国中学校駅伝(滋賀・野洲)の出場権を目指した中学駅伝の県大会が、16日から19日にかけて8つの県で行われた。

16日の岡山県大会では旧木の京山が男女ともに圧倒的な力を見せた。女子は1区(3.1km)で全中1500m優勝の黒田六花(3年)が10分16秒と2位に26秒差をつけてトップスタートを切ると、2区以降は独走。2区の石原万結 、3区の南和奏(2年)、4区の岩﨑芽生(1年)、5区の樋口遙(3年)といずれも区間新記録を樹立する圧巻のタスキリレーを見せ、12.9kmのコースを43分34秒の大会新で制した。

18.7kmで行われた男子も、2区の鶴藤健琉(3年)が区間賞&区間新の力走で3位から1位に順位を押し上げると、3区篠原柊(3年)、4区川本航太(3年)、5区竹井翔真(2年)も区間1位。58分00秒の大会新で3連覇を果たした。

滋賀県大会は2位も開催地枠として全国出場権を手にし、男子は彦根東と信楽、女子は甲西北と粟津の計4校が全国に挑む。

注目の兵庫県大会は男子(19.2km)で1区富永晄生(3年)、4区徳永泰雅(3年)と3000m8分台の2人が快走を見せた安室が初優勝。1時間2分16秒と2位に1分以上の大差をつけての快勝となった。アンカー勝負となった女子も、大原が5区の五十嵐遥花(2年)が6秒ビハインドから劇的な逆転で初の県大会優勝を飾っている。

昨年の全国大会で男子8位の向陽(広島)は、前回経験者の大歳怜(3年)、宇根田 聖矢(3年)を1、2区に配して序盤を2位で乗り切り、4区の石津悠大(3年)でトップに浮上。5区、6区もそのまま逃げ切って2年連続2回目の全国出場を決めた。女子でも西条が連覇で全国へ駒を進めている。

なお、18日に予定されていた山口県大会は悪天候のため21日に延期となった。

2023全国中学校駅伝代表校一覧

12月17日に行われる第31回全国中学校駅伝(滋賀・野洲)の出場権を目指した中学駅伝の県大会が、16日から19日にかけて8つの県で行われた。 16日の岡山県大会では旧木の京山が男女ともに圧倒的な力を見せた。女子は1区(3.1km)で全中1500m優勝の黒田六花(3年)が10分16秒と2位に26秒差をつけてトップスタートを切ると、2区以降は独走。2区の石原万結 、3区の南和奏(2年)、4区の岩﨑芽生(1年)、5区の樋口遙(3年)といずれも区間新記録を樹立する圧巻のタスキリレーを見せ、12.9kmのコースを43分34秒の大会新で制した。 18.7kmで行われた男子も、2区の鶴藤健琉(3年)が区間賞&区間新の力走で3位から1位に順位を押し上げると、3区篠原柊(3年)、4区川本航太(3年)、5区竹井翔真(2年)も区間1位。58分00秒の大会新で3連覇を果たした。 滋賀県大会は2位も開催地枠として全国出場権を手にし、男子は彦根東と信楽、女子は甲西北と粟津の計4校が全国に挑む。 注目の兵庫県大会は男子(19.2km)で1区富永晄生(3年)、4区徳永泰雅(3年)と3000m8分台の2人が快走を見せた安室が初優勝。1時間2分16秒と2位に1分以上の大差をつけての快勝となった。アンカー勝負となった女子も、大原が5区の五十嵐遥花(2年)が6秒ビハインドから劇的な逆転で初の県大会優勝を飾っている。 昨年の全国大会で男子8位の向陽(広島)は、前回経験者の大歳怜(3年)、宇根田 聖矢(3年)を1、2区に配して序盤を2位で乗り切り、4区の石津悠大(3年)でトップに浮上。5区、6区もそのまま逃げ切って2年連続2回目の全国出場を決めた。女子でも西条が連覇で全国へ駒を進めている。 なお、18日に予定されていた山口県大会は悪天候のため21日に延期となった。 https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/114712

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

ダイヤモンドリーグ・ユージン5000mに田中希実!今季DL2戦目、参加標準突破でパリ五輪内定

最高峰シリーズのダイヤモンドリーグ(DL)のユージン大会(米国、5月25日)の一部種目のエントリー選手が更新された。 女子5000mに日本記録(14分29秒18)保持者の田中希実(New Balance)が登録された。ユ […]

NEWS 多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top