HOME 駅伝

2023.11.05

駒大・安原太陽が6区区間賞!「今年は自分が引っ張っていくつもりで走りました」/全日本大学駅伝
駒大・安原太陽が6区区間賞!「今年は自分が引っ張っていくつもりで走りました」/全日本大学駅伝

全日本大学駅伝6区で区間賞を獲得し、後続との差を広げた駒大・安原太陽

6区区間上位成績をチェック!

■6区(12.8km)
37.16 安原太陽(駒大4)
37.39 ピーター・ワンジル(大東大3)
37.42 荒巻朋照(青学大2)
37.58 吉中祐太(中大2)
38.11 嘉数純平(國學院大2)

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、6区区間賞は駒大の安原太陽(4年)が獲得した。 2位と1分55秒差という大量リードをもらって走り出した。「前半落ち着いて入り、後半上げていくイメージで走りました」との言葉どおり、徐々に2位との差を突き放した。 12.8kmを37分16秒。気温が25度を超える過酷なコンディションながら、前年に同じ区間を走った時のタイムを11秒上回った。 2年目から学生駅伝フル出場。昨年は出雲駅伝5区で区間賞を獲得し、3冠達成に貢献した。今季は4月の日本学生個人選手権5000mで優勝し、8月のユニバーシティゲームズでは銀メダルを獲得している。 昨年は7区に絶対的エースの田澤廉(現・トヨタ自動車)がいたため、「安心して自分の走りができた」という。しかし、今大会は違う。頼れる主将の鈴木芽吹(4年)が7区で待っていたものの、「自分が引っ張っていく意識で走りました」と成長を示した。 “仕事人”安原の快走で、駒大は独走態勢をさらに確固たるものにした。 37分39秒で区間2位は8位から6位へ順位を上げたピーター・ワンジル(3年)。2位で駒大を追う荒巻朋照(2年)が37分42秒で区間3位だった。

6区区間上位成績をチェック!

■6区(12.8km) 37.16 安原太陽(駒大4) 37.39 ピーター・ワンジル(大東大3) 37.42 荒巻朋照(青学大2) 37.58 吉中祐太(中大2) 38.11 嘉数純平(國學院大2)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top