HOME 大会結果

2023.10.29

【大会結果】第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(2023年10月29日)
【大会結果】第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(2023年10月29日)

第41回大会の1区スタート

【大会結果】第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(10月29日、6区間38km:宮城・弘進ゴムアスリートパーク仙台発着)

●総合成績
1位 名城大 2.04.29
2位 大東大 2.05.21
3位 立命大 2.05.21
4位 城西大 2.06.06
5位 日体大 2.06.45
6位 大阪学大 2.07.19
7位 関大 2.07.44
8位 東北福祉大 2.08.57
--以上、次回大会のシード権獲得--

【大会結果】第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(2023年10月29日)


9位 玉川大 2.09.26
10位 順大 2.09.45
11位 東農大 2.09.47
12位 拓大 2.10.03
13位 東洋大 2.10.05
14位 大阪芸大 2.10.12
15位 中大 2.10.51
16位 亜細亜大 2.11.14
17位 中京学大 2.11.14
18位 筑波大 2.11.31

【大会結果】第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(2023年10月29日)


19位 環太平洋大 2.12.00
20位 関西外大 2.12.14
21位 福岡大 2.13.50
22位 京都光華女大 2.14.05
23位 城西国際大 2.15.45
24位 新潟医療福祉大 2.17.07
25位 札幌国際大 2.20.53
オープン 東北学連選抜 2.20.26

【大会結果】第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(2023年10月29日)


●区間賞
1区(6.6km) 村松灯(立命大3) 21.21
2区(4.0km) 太田咲雪(立命大1) 12.55
3区(5.8km) 石松愛朱加(名城大2) 18.52
4区(4.8km) 中地こころ(立命大3) 15.53
5区(9.2km) サラ・ワンジル(大東大1) 29.20
6区(7.6km) 谷本七星(名城大3) 24.46

【大会結果】第41回全日本大学女子駅伝対校選手権(10月29日、6区間38km:宮城・弘進ゴムアスリートパーク仙台発着) ●総合成績 1位 名城大 2.04.29 2位 大東大 2.05.21 3位 立命大 2.05.21 4位 城西大 2.06.06 5位 日体大 2.06.45 6位 大阪学大 2.07.19 7位 関大 2.07.44 8位 東北福祉大 2.08.57 --以上、次回大会のシード権獲得-- https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/118230 9位 玉川大 2.09.26 10位 順大 2.09.45 11位 東農大 2.09.47 12位 拓大 2.10.03 13位 東洋大 2.10.05 14位 大阪芸大 2.10.12 15位 中大 2.10.51 16位 亜細亜大 2.11.14 17位 中京学大 2.11.14 18位 筑波大 2.11.31 https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/118230 19位 環太平洋大 2.12.00 20位 関西外大 2.12.14 21位 福岡大 2.13.50 22位 京都光華女大 2.14.05 23位 城西国際大 2.15.45 24位 新潟医療福祉大 2.17.07 25位 札幌国際大 2.20.53 オープン 東北学連選抜 2.20.26 https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/118230 ●区間賞 1区(6.6km) 村松灯(立命大3) 21.21 2区(4.0km) 太田咲雪(立命大1) 12.55 3区(5.8km) 石松愛朱加(名城大2) 18.52 4区(4.8km) 中地こころ(立命大3) 15.53 5区(9.2km) サラ・ワンジル(大東大1) 29.20 6区(7.6km) 谷本七星(名城大3) 24.46

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top