HOME 国内

2023.10.16

田中希実 5000mでV「最後まで駆け抜ける姿見せたかった」/鹿児島国体
田中希実 5000mでV「最後まで駆け抜ける姿見せたかった」/鹿児島国体

田中希実(兵庫・New Balance)

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)4日目

鹿児島特別国体の4日目に成年女子5000mが行われ、日本記録保持者の田中希実(兵庫・New Balance)が15分22秒46で貫禄勝ちを収めた。

広告の下にコンテンツが続きます

田中は600m付近で前に出ると、1000mを3分06秒、2000mを6分15秒で通過。3000mを9分26秒で通過してから徐々に後ろが離れ、3600mからは独走状態に。「ラスト1000mを2分40秒近くで上がりたかった」と言うように400mを68秒に上げるなどペースアップしたものの「そこまでの通過プランがあやふやだった」と反省。それでも、「最後の100mは何とか1秒でも削りたいという走りはできました」と胸を張った。

高校生の時に合宿をしてから出場への思いを持ち続けてきた鹿児島国体。800m(2位)とは違い、日本記録を持つ種目だけに注目度もさらに高く、「すごく光栄な反面、どういう走りで魅せようか変に意識していまう部分がありました」と少なからず重圧もあった。

それでも、大きな歓声と桜島を背に、世界を沸かせてきたラストスパートで観客を魅了した。

鹿児島にはもう一つ、思い入れがあったことも明かす。田中の幼少期に、鹿児島出身の元実業団選手である新田百恵(現姓・坂元)さんが実業団チームを退部したあと、田中の両親の元で練習していたという。田中にとって「お姉ちゃんのような存在」で、「再会をすごく楽しみにしていました」。世界的ランナーへと成長した今、「最後まで駆け抜ける姿を見せたかった」と話す。

広告の下にコンテンツが続きます

来週、ミドルディスタンスサーキットで800mと1000mに出場予定。「11月はいったん休養して、12月に最後のレースに出るなら、調子がつかみきれませんが参加標準記録を狙うかどうか」と、まだ切っていない5000mのパリ五輪の参加標準記録(14分52秒00)を切って内定も視野に入れていた。

思い出いっぱいの鹿児島。「今も楽しめていますが、数年後に思い返すと良い思い出になると思います」と笑顔で締めくくった。

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)4日目 鹿児島特別国体の4日目に成年女子5000mが行われ、日本記録保持者の田中希実(兵庫・New Balance)が15分22秒46で貫禄勝ちを収めた。 田中は600m付近で前に出ると、1000mを3分06秒、2000mを6分15秒で通過。3000mを9分26秒で通過してから徐々に後ろが離れ、3600mからは独走状態に。「ラスト1000mを2分40秒近くで上がりたかった」と言うように400mを68秒に上げるなどペースアップしたものの「そこまでの通過プランがあやふやだった」と反省。それでも、「最後の100mは何とか1秒でも削りたいという走りはできました」と胸を張った。 高校生の時に合宿をしてから出場への思いを持ち続けてきた鹿児島国体。800m(2位)とは違い、日本記録を持つ種目だけに注目度もさらに高く、「すごく光栄な反面、どういう走りで魅せようか変に意識していまう部分がありました」と少なからず重圧もあった。 それでも、大きな歓声と桜島を背に、世界を沸かせてきたラストスパートで観客を魅了した。 鹿児島にはもう一つ、思い入れがあったことも明かす。田中の幼少期に、鹿児島出身の元実業団選手である新田百恵(現姓・坂元)さんが実業団チームを退部したあと、田中の両親の元で練習していたという。田中にとって「お姉ちゃんのような存在」で、「再会をすごく楽しみにしていました」。世界的ランナーへと成長した今、「最後まで駆け抜ける姿を見せたかった」と話す。 来週、ミドルディスタンスサーキットで800mと1000mに出場予定。「11月はいったん休養して、12月に最後のレースに出るなら、調子がつかみきれませんが参加標準記録を狙うかどうか」と、まだ切っていない5000mのパリ五輪の参加標準記録(14分52秒00)を切って内定も視野に入れていた。 思い出いっぱいの鹿児島。「今も楽しめていますが、数年後に思い返すと良い思い出になると思います」と笑顔で締めくくった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top