HOME 国内

2023.09.23

棒高跳・江島雅紀が2度の手術から1年3ヵ月ぶり涙の復帰「時間かかってももう一度」/全日本実業団
棒高跳・江島雅紀が2度の手術から1年3ヵ月ぶり涙の復帰「時間かかってももう一度」/全日本実業団

長いケガから復帰を果たした江島雅紀

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の2日目に行われた男子棒高跳に、東京五輪代表の江島雅紀(富士通)が出場。これが1年3ヵ月ぶりの試合だった。

昨年6月。日本選手権で勝利を収めた後に、オレゴン世界選手権を目指して出場した記録会で跳躍後にマット外に右足から着地、その際に右足舟状骨を骨折した。

骨が砕けるほどの重傷。「生活もままならない状況で、正直辞めようかと思ったこともあります」。寝るのも怖く、朝起きて起き上がっても痛みある。体内に金具が入っている違和感。「恐怖しかなかった」。

「秋くらいに試合に出られればと思っていた」が、治りも悪く、ボルトを抜いて右脚付け根の自分の骨を移植するため今年の3月に再手術。それでも、「もう一回跳びたい」という思いが踏みとどまらせた。

1学年上の北口榛花(JAL)、同学年のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、橋岡優輝(富士通)という同じダイヤモンドアスリートが世界で活躍。さらに丸山優真(住友電工)も長いケガを乗り越えて世界の舞台に立った。

「同世代が活躍していたので、もう一回みんなと肩を並べたい」

今年6月にジョグを再開。8月末に跳躍練習をスタートさせた。そしてこの日、1年3ヵ月ぶりに空を舞った。4m80は5m71がベストの江島にとって記録だけ見れば低い高さだが、大きな一本。スタンドから送られた拍手が、その価値を物語っていた。江島は思わず涙した。

高校記録、U20日本記録など数々の記録を打ち立て、ジュニア期から世界で戦ってきた江島だが、「これまでで一番うれしかったかもしれません」と笑った。

「時間はかかるかもしれませんが、原点に戻って、ゼロから頑張ります。待っていてください」

ケガにより霞んだ原石をもう一度磨き上げ、前よりももっと輝くために。ポールボウルター・江島雅紀の第二章がここから始まる。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の2日目に行われた男子棒高跳に、東京五輪代表の江島雅紀(富士通)が出場。これが1年3ヵ月ぶりの試合だった。 昨年6月。日本選手権で勝利を収めた後に、オレゴン世界選手権を目指して出場した記録会で跳躍後にマット外に右足から着地、その際に右足舟状骨を骨折した。 骨が砕けるほどの重傷。「生活もままならない状況で、正直辞めようかと思ったこともあります」。寝るのも怖く、朝起きて起き上がっても痛みある。体内に金具が入っている違和感。「恐怖しかなかった」。 「秋くらいに試合に出られればと思っていた」が、治りも悪く、ボルトを抜いて右脚付け根の自分の骨を移植するため今年の3月に再手術。それでも、「もう一回跳びたい」という思いが踏みとどまらせた。 1学年上の北口榛花(JAL)、同学年のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、橋岡優輝(富士通)という同じダイヤモンドアスリートが世界で活躍。さらに丸山優真(住友電工)も長いケガを乗り越えて世界の舞台に立った。 「同世代が活躍していたので、もう一回みんなと肩を並べたい」 今年6月にジョグを再開。8月末に跳躍練習をスタートさせた。そしてこの日、1年3ヵ月ぶりに空を舞った。4m80は5m71がベストの江島にとって記録だけ見れば低い高さだが、大きな一本。スタンドから送られた拍手が、その価値を物語っていた。江島は思わず涙した。 高校記録、U20日本記録など数々の記録を打ち立て、ジュニア期から世界で戦ってきた江島だが、「これまでで一番うれしかったかもしれません」と笑った。 「時間はかかるかもしれませんが、原点に戻って、ゼロから頑張ります。待っていてください」 ケガにより霞んだ原石をもう一度磨き上げ、前よりももっと輝くために。ポールボウルター・江島雅紀の第二章がここから始まる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.22

多田修平が布勢スプリント欠場 織田記念で右ふくらはぎを肉離れ

男子短距離の多田修平(住友電工)が自身のSNSを更新し、6月2日に行われる日本GPシリーズの布勢スプリントを欠場すると発表した。 多田は100mで10秒01の自己記録を持ち、東京五輪代表。今年は世界室内60mでファイナル […]

NEWS 7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

2024.05.22

7/27開催 日本初上陸トラックイベント『On Track Nights: MDC』の観戦チケットが発売スタート!

スイスのスポーツブランド「On(オン)」が合同で開催する⽇本初上陸のトラックイベント「On Track Nights: MDC (オン トラック ナイツ: エムディーシー)」は7月27日に東京・世田谷区の大蔵運動公園陸上 […]

NEWS 関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

2024.05.22

関西王座を懸けて、関西ICきょう5/22開幕!注目は五輪代表・柳井綾音、前回MVP松井健斗、ブダペスト代表・山本亜美、甲南大ら

第101回関西インカレのT&Fの部は今日5月22日に開幕。25日までの4日間、京都市のたけびしスタジアム京都・東寺ハウジングフィールド西京極で行われる。 4月18日のハーフマラソンの部は大阪市のヤンマーフィール […]

NEWS 女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

2024.05.21

女子4×400mRは3位 3分35秒45でパリ五輪出場ラインには届かず/アジアリレー

第1回アジアリレー選手権が5月20、21日にタイ・バンコクで行われ、日本は女子4×400mリレーに出場し3分35秒45で3位だった。 日本は久保山晴菜(今村病院)、井戸アビゲイル風果(東邦銀行)、岩田優奈(スズキ)、森山 […]

NEWS ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

2024.05.21

ダイヤモンドリーグが中国の自動車ブランド「Zeekr」と公式モビリティパートナー締結

ダイヤモンドリーグは5月21日、​​電気自動車メーカーのZeekrと公式モビリティパートナーとして契約したと発表した。 「Zeekr(ジーカー)」は中国の吉利汽車が所有する電気自動車ブランドで2021年に設立。この後に控 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top