HOME 駅伝

2023.08.19

札幌学大が独走で6連覇!! 30回目の全日本大学駅伝出場決める/北海道大学駅伝
札幌学大が独走で6連覇!! 30回目の全日本大学駅伝出場決める/北海道大学駅伝

22年全日本大学駅伝3区に出場した山田陽翔

第35回北海道大学駅伝成績

1位 札幌学大  4時間49分10秒
2位 星槎道都大 4時間56分48秒
3位 北大    5時間6分27秒
4位 北教大   5時間25分15秒
   旭川医大  途中棄権
OP  札幌学大B  5時間0分00秒
 

19日、第35回北海道大学駅伝が札幌市の真駒内セキスイハイムスタジアムを発着点とする8区間89.9kmのコースで行われ、中盤から独走となった札幌学大が4時間49分10秒で6連覇を飾った。 札幌学大は1区で佐藤匠が区間賞で発進。2区で星槎道都大にかわされて順位を落としたものの、3区(11.6km)で山田陽翔が36分12秒の区間トップの快走で首位を奪取した。 以降は、4区大栁達哉、5区佐藤魁良⼨、7区の山崎樹羅が区間賞を獲得するなど区間ごとに後続とのリードを拡大。2位の星槎道都大に7分以上の大差をつける快勝となった。 また、同大会は11月5日に開催される第55回全日本大学駅伝(愛知県名古屋市~三重県伊勢市)の予選も兼ねており、札幌学大が6年連続30回目の全日本出場を決めた。

第35回北海道大学駅伝成績

1位 札幌学大  4時間49分10秒 2位 星槎道都大 4時間56分48秒 3位 北大    5時間6分27秒 4位 北教大   5時間25分15秒    旭川医大  途中棄権 OP  札幌学大B  5時間0分00秒  

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

【写真】現地試合会場での秦の様子をチェック! 5/24 結果 大会名 P-T-S meeting会場 SNP(スロバキア) 秦 澄美鈴走幅跳 6m52 第2位 ご声援ありがとうございました。#住友電工陸上競技部 pic. […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

女子10000m競歩の学生歴代10傑をチェック! 女子10000m競歩 44.21.85 柳井綾音(立命大3) 2024. 5.25 44.34.13 岡田久美子(立大1) 2010.10. 4 44.52.90 渕瀬真 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

【写真】全米学生選手権出場を決めた石井優吉 M 800m (Quarterfinal) WHAT A RACE🤯 Handal and Yuki drop huge times in the 800 quarterfin […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top