HOME 高校

2023.06.19

三浦夏恋が追い風参考で23秒77! 驚きの好タイムで混戦予想の女子200mを制す/IH東北
三浦夏恋が追い風参考で23秒77! 驚きの好タイムで混戦予想の女子200mを制す/IH東北

三浦夏恋(秋田令和高)

◇インターハイ東北地区大会(6月15日~18日/山形・県総合運動公園競技場)4日目

北海道インターハイを懸けた東北地区大会の4日目が行われ、女子200mは三浦夏恋(秋田令和3)が追い風参考ながら23秒77(+3.4)をマークして優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

大会前の自己ベストは1年前の東北大会でマークした24秒67。その記録を準決勝(24秒62/+1.1)で更新すると、迎えた決勝では風に乗った。

100mを制した千葉安珠(常盤木学園2宮城)、400m優勝の赤坂美結(山形中央3)もおり、三浦を含めた三つ巴のレースが予想されたが、「自分の走りがすべてうまくハマれば優勝できると思っていました」。ホームストレートで一気に抜け出し、ただ1人23秒台で駆け抜けた。

「24秒3台が目標だったので、タイムを見て『あれっ?』とびっくりしました」。自身にとっては想定外のタイムだった。

100mから400mまで走るマルチスプリンターだが、メインは200m。3年前の全国中学生大会で6位の実績を持つ。秋田県大会では100m、200m、400mの個人種目に加え、アンカーを務めたリレー2種目(4×100m、4×400m)も制して5冠を達成。今大会は400mを除いた4種目に出場した。

広告の下にコンテンツが続きます

100mでは雨脚が強いなか、予選で自己新の11秒98(-0.5)をマークして、決勝は2位(12秒05/-0.1)。4×100mリレーも2位(47秒69)に貢献している。最終日は200mで好走した後、4×400mリレーでは先頭を走る常盤木学園・千葉を激しく追い上げて0.11秒差まで迫った(3分54秒08で2位)。

8月のインターハイでは「公認で23秒台を出せるようにしたいです」と三浦。身長170cmのスプリンターが、北の地で快走の再現をするつもりだ。

全国インターハイは8月2日から6日に同会場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

◇インターハイ東北地区大会(6月15日~18日/山形・県総合運動公園競技場)4日目 北海道インターハイを懸けた東北地区大会の4日目が行われ、女子200mは三浦夏恋(秋田令和3)が追い風参考ながら23秒77(+3.4)をマークして優勝した。 大会前の自己ベストは1年前の東北大会でマークした24秒67。その記録を準決勝(24秒62/+1.1)で更新すると、迎えた決勝では風に乗った。 100mを制した千葉安珠(常盤木学園2宮城)、400m優勝の赤坂美結(山形中央3)もおり、三浦を含めた三つ巴のレースが予想されたが、「自分の走りがすべてうまくハマれば優勝できると思っていました」。ホームストレートで一気に抜け出し、ただ1人23秒台で駆け抜けた。 「24秒3台が目標だったので、タイムを見て『あれっ?』とびっくりしました」。自身にとっては想定外のタイムだった。 100mから400mまで走るマルチスプリンターだが、メインは200m。3年前の全国中学生大会で6位の実績を持つ。秋田県大会では100m、200m、400mの個人種目に加え、アンカーを務めたリレー2種目(4×100m、4×400m)も制して5冠を達成。今大会は400mを除いた4種目に出場した。 100mでは雨脚が強いなか、予選で自己新の11秒98(-0.5)をマークして、決勝は2位(12秒05/-0.1)。4×100mリレーも2位(47秒69)に貢献している。最終日は200mで好走した後、4×400mリレーでは先頭を走る常盤木学園・千葉を激しく追い上げて0.11秒差まで迫った(3分54秒08で2位)。 8月のインターハイでは「公認で23秒台を出せるようにしたいです」と三浦。身長170cmのスプリンターが、北の地で快走の再現をするつもりだ。 全国インターハイは8月2日から6日に同会場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

インターハイ東北地区大会の優勝者一覧をチェック

●男子 100m 菅野凌平(いわき光洋3福島) 10秒50(+0.9) 200m 星颯人(仙台一3宮城) 21秒19(+0.9) 400m 白畑健太郎(米沢中央3山形) 48秒06 800m 伊藤吏央(青森山田3青森) 1分51秒49 1500m 齋藤一筋(学法石川3福島) 3分59秒21 5000m 大濱逞真(仙台育英3宮城) 13分53秒28 110mH 高橋大史(山形中央3山形) 13秒92(+2.3) 400mH 後藤理久(九里学園3山形) 51秒95 3000m障害 小野真忠(仙台育英3宮城) 9分12秒21 5000m競歩 吉田聖奈(柴農川崎3宮城) 22分18秒50 4×100mR 仙台育英(宮城) 41秒28 4×400mR 米沢中央(山形) 3分16秒64 走高跳 杉山晴宣(福島成蹊3福島) 2m03 棒高跳 保科心斗(山形中央2山形) 4m50 走幅跳 土屋拓人(聖和学園2宮城) 7m43(+1.3) 三段跳 丹野正知(盛岡一2岩手) 15m32(+0.9) 砲丸投 大信田凌生(横手清陵学院2秋田) 14m76 円盤投 中野悠翔(福島成蹊3) 43m68 ハンマー投 工藤駿也(創学館3山形) 53m03 やり投 岡部倖也(秋田南3秋田) 59m64 八種競技 大島克範(鶴岡工3山形) 5613点 学校対抗総合 仙台育英(宮城) 58点 ●女子 100m 千葉安珠(常盤木学園2宮城) 11秒84(-0.1) 200m 三浦夏恋(秋田令和3秋田) 23秒77(+3.4) 400m 赤坂美結(山形中央3山形) 54秒82 1500m 柏倉四季(山形中央2山形) 4分30秒43 3000m ルーシー・ドゥータ(青森山田2青森) 9分13秒11 100mH 小野ひなた(磐城桜が丘3福島) 13秒95(+1.4) 400mH 千葉史織(仙台一3宮城) 61秒45 5000mW 久家すずか(会津学鳳3福島) 24分03秒43=大会新 4×100mR 常盤木学園(宮城) 46秒40=大会新 4×400mR 常盤木学園(宮城) 3分53秒97 走高跳 三宅花音(日大東北3福島) 1m69 棒高跳 今井颯希(山形市商2山形) 3m50 走幅跳 大道 空(久慈2岩手) 5m82(+1.1) 三段跳 浅井小雪(盛岡南3岩手) 12m30(+2.3) 砲丸投 浜谷梨緒(青森北2青森) 11m49 円盤投 小澤美優(弘前実3青森) 34m49 ハンマー投 宇夫方和(黒沢尻北3岩手) 42m98 やり投 野地菜那(福島明成2福島) 43m36 七種競技 齋藤姫奈(九里学園3山形) 4639点 学校対抗総合 常盤木学園(宮城) 54点 ※2000m障害(オープン種目) 佐藤柚優(仙台育英2宮城) 6分47秒13

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top