HOME 大学

2023.05.27

「大会記録を塗り替えての2冠を目標にやってきた」 亀田仁一路が有言実行の5000m大会新V/関西インカレ
「大会記録を塗り替えての2冠を目標にやってきた」 亀田仁一路が有言実行の5000m大会新V/関西インカレ

23年関西インカレ男子1部5000mに優勝を飾った亀田仁一路

◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)3日目

関西インカレの男子1部5000mが行われ、初日の10000mを29分00秒61の大会新記録で制していた亀田仁一路(関大)が、残り500mで一気に集団から抜け出して14分03秒27で2冠を獲得。2010年に今﨑俊樹(立命大)がマークした大会記録も更新し、2種目で大会記録保持者となった。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年の日本インカレ10000mで日本人トップの4位に食い込んでいる亀田は、「前日の100mと4×100mリレーで主将の宮内(和哉)が2冠を取ってくれていたので、副主将として自分も負けてられないという気持ちでした。1年前にチームが新体制になってから100回大会で総合優勝、大会記録を塗り替えて2冠を取ることを目標にやってきたので、それが達成できてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。

レースは、守屋和希(関学大)、大森俊斗(立命大)が果敢に前に出て引っ張り1000mを2分43秒、2000mを5分30秒で通過。「10000m同様、自分が前に出てレースを作るつもりでいましたが、大森君と守屋選手がいいペースで引っ張ってくれていたので、得意のラストスパートに賭けました」と、亀田は3番手でじっくりレースを進める。「ギリギリだと大森君もスピードがあるので」と、4500m地点で一気にギアを上げ、粘る大森を0.75秒差で振り切り、トップでゴールラインを駆け抜けた。

亀田は対校得点でも大会新記録樹立のボーナスを含めて、一人で26点を獲得。関大は三段跳でもルーキーの磯本楓太が優勝するなど得点を積み上げ、3日目終了時点で105.5点と2位の立命大に22.5点のリードを奪い、勝負の最終日を迎えることとなった。

このほかでは男女のやり投で好記録が誕生。男子2部では4月の学生個人選手権3位と健闘していた朝田康聖(大教大)が、6投目に自己記録を2m近く更新する74m19で初優勝を遂げ、「持ち味のスピードを生かした低い投げができた」と笑顔がこぼれた。「これでようやくライバルの背中を捉えることができました」と、さらにトレーニングを積み秋の日本インカレでは、ユニバ代表にも選ばれている巖優作(筑波大)をや鈴木凜(九州共立大)といった同学年の実力者に挑むつもりだ。

広告の下にコンテンツが続きます

また、女子やり投は学生個人選手権5位の篠田佳奈(京大)が4投目に自己新の56m57を放ち、連覇を達成した。

文/花木 雫

◇第100回関西インカレ(T&Fの部、5月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)3日目 関西インカレの男子1部5000mが行われ、初日の10000mを29分00秒61の大会新記録で制していた亀田仁一路(関大)が、残り500mで一気に集団から抜け出して14分03秒27で2冠を獲得。2010年に今﨑俊樹(立命大)がマークした大会記録も更新し、2種目で大会記録保持者となった。 昨年の日本インカレ10000mで日本人トップの4位に食い込んでいる亀田は、「前日の100mと4×100mリレーで主将の宮内(和哉)が2冠を取ってくれていたので、副主将として自分も負けてられないという気持ちでした。1年前にチームが新体制になってから100回大会で総合優勝、大会記録を塗り替えて2冠を取ることを目標にやってきたので、それが達成できてうれしい」と満面の笑みを浮かべた。 レースは、守屋和希(関学大)、大森俊斗(立命大)が果敢に前に出て引っ張り1000mを2分43秒、2000mを5分30秒で通過。「10000m同様、自分が前に出てレースを作るつもりでいましたが、大森君と守屋選手がいいペースで引っ張ってくれていたので、得意のラストスパートに賭けました」と、亀田は3番手でじっくりレースを進める。「ギリギリだと大森君もスピードがあるので」と、4500m地点で一気にギアを上げ、粘る大森を0.75秒差で振り切り、トップでゴールラインを駆け抜けた。 亀田は対校得点でも大会新記録樹立のボーナスを含めて、一人で26点を獲得。関大は三段跳でもルーキーの磯本楓太が優勝するなど得点を積み上げ、3日目終了時点で105.5点と2位の立命大に22.5点のリードを奪い、勝負の最終日を迎えることとなった。 このほかでは男女のやり投で好記録が誕生。男子2部では4月の学生個人選手権3位と健闘していた朝田康聖(大教大)が、6投目に自己記録を2m近く更新する74m19で初優勝を遂げ、「持ち味のスピードを生かした低い投げができた」と笑顔がこぼれた。「これでようやくライバルの背中を捉えることができました」と、さらにトレーニングを積み秋の日本インカレでは、ユニバ代表にも選ばれている巖優作(筑波大)をや鈴木凜(九州共立大)といった同学年の実力者に挑むつもりだ。 また、女子やり投は学生個人選手権5位の篠田佳奈(京大)が4投目に自己新の56m57を放ち、連覇を達成した。 文/花木 雫

【動画】男子5000mで優勝した亀田のロングスパートをチェック

https://youtu.be/XfI7A_M70i8?t=791

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top