HOME 高校

2022.08.08

女子マイルは市船橋が初優勝!総合優勝は逃すもエース佐藤は4種目入賞/徳島IH
女子マイルは市船橋が初優勝!総合優勝は逃すもエース佐藤は4種目入賞/徳島IH

◇徳島インターハイ(8月3日~7日/徳島・鳴門総合運動公園)

大会のフィナーレを飾る男女4×400mリレー。女子は今季リストトップの3分41秒96をマークしている市船橋(千葉)が3分44秒04で初優勝を飾った。

1走から先頭を譲らない文句なしの継走だった。篠原美咲(3年)は400m55秒台の走力を生かし、「自分の仕事を全うできた」との言葉通り、他を圧倒していく。

2走の宮地利璃香、3走の志水芹菜の2年生コンビも首位をキープし、バトンはエースの佐藤葵唯(3年)に渡った。

佐藤は今大会4種目制覇を狙いながら、100m5位、200m3位、4×100mリレー2位とあと一歩で頂点を逃していた。

「100mも200mも悔しい思いをしてきたので、マイルだけは絶対に勝ちたかったんです」

そんな思いで高校最後のインターハイを締めくくる400mを激走した。後ろから中京大中京の藏重みう(3年)が猛追してくるも、仲間がつないできたバトンは最後まで先頭を譲らなかった。

「篠原が1番で持って来てくれて、いけると確信しました。優勝できて本当にうれしいです」と佐藤。タイムはチームベストには届かなかったものの、市船橋にとってこの種目初優勝となった。

学校対抗の総合優勝は、4×400mリレーで2位に食い込んだ中京大中京にあと0.5点届かなかったものの、選手たちの表情は晴れやかだった。マイルリレーの連覇、そして総合優勝への夢は、2走を走った宮地、3走を担った志水ら後輩たちへとバトンリレーしていく。

■優勝者一覧
【男子】
100m 関口裕太(東京学館新潟3新潟)10秒38(-0.6)
200m 齋藤慧舟(日大東北3福島) 21秒47(-2.3)
400m 冨永湧平(東福岡3福岡)47秒01
800m 大野聖登(秋田工3秋田)  1分51秒14
1500m 大野聖登(秋田工3秋田)3分44秒93
5000m ダニエル・ディリツ(大分東明3大分) 13分50秒54
110mハードル 紺野稜真(九里学園3山形)14秒57(-3.8)
400mハードル 紺野稜真(九里学園3山形)50秒46
4×100mリレー 洛南(京都)39秒71=大会新
4×400mリレー 東福岡(福岡)3分11秒93
3000m障害 齊藤大空(利府3宮城)9分04秒39
5000m競歩 長田隼人(松山工3愛媛)20分52秒49
走高跳 川崎俊祐(市尼崎2兵庫)2m12
棒高跳 渡邉瑛斗(大塚3大阪)5m10
走幅跳 吉田正道(姫路商3兵庫)7m40(-0.4)
三段跳 吉田康晟(富岡東3徳島)  15m96(+3.6)
砲丸投 山田暉斗(法政二3神奈川)18m74=大会新
円盤投 山口翔輝夜(社3兵庫)49m97
ハンマー投 秋山玲二郎(四学香川西3香川)66m23=大会新
やり投 清野康介(山形市商3山形)64m93
八種競技 高橋 諒(桐朋2東京)5992点(追い風参考)

【女子】
100m 藏重みう(中京大中京3愛知)11秒85(-0.5)
200m  児島柚月(西京3京都)   24秒32(-1.2)
400m 児島柚月(西京3京都)54秒04
800m  壁谷衿奈(仙台育英2宮城) 2分08秒56
1500m カリバ・カロライン(神村学園3鹿児島)4分08秒72
3000m カリバ・カロライン(神村学園3鹿児島)8分52秒04
100mハードル 林 美希(中京大中京2愛知)13秒65(-1.5)
400mハードル 瀧野未来(京都橘2京都)58秒54
4×100mリレー 中京大中京(愛知)45秒42
4×400mリレー 市船橋(千葉)3分44秒04
5000m競歩 吉留美桜(神村学園3鹿児島)22分56秒51
走高跳 森﨑優希(明星学園2東京) 1m76
棒高跳 小林美月(明星学園2東京) 4m00=大会タイ
走幅跳 松村琴都(瑞陵2愛知)5m93(-1.2)
三段跳 佐々木千翔(市船橋3千葉)12m45(+1.4)
砲丸投 奥山琴未(岡山商大附3岡山)14m57
円盤投 友利晟弓(那覇西3沖縄)46m46
ハンマー投 三村啓恵(敦賀3福井)53m82
やり投 倉田紗優加(伊那北3長野) 53m82
七種競技  林 美希(中京大中京2愛知) 5231点

◇徳島インターハイ(8月3日~7日/徳島・鳴門総合運動公園) 大会のフィナーレを飾る男女4×400mリレー。女子は今季リストトップの3分41秒96をマークしている市船橋(千葉)が3分44秒04で初優勝を飾った。 1走から先頭を譲らない文句なしの継走だった。篠原美咲(3年)は400m55秒台の走力を生かし、「自分の仕事を全うできた」との言葉通り、他を圧倒していく。 2走の宮地利璃香、3走の志水芹菜の2年生コンビも首位をキープし、バトンはエースの佐藤葵唯(3年)に渡った。 佐藤は今大会4種目制覇を狙いながら、100m5位、200m3位、4×100mリレー2位とあと一歩で頂点を逃していた。 「100mも200mも悔しい思いをしてきたので、マイルだけは絶対に勝ちたかったんです」 そんな思いで高校最後のインターハイを締めくくる400mを激走した。後ろから中京大中京の藏重みう(3年)が猛追してくるも、仲間がつないできたバトンは最後まで先頭を譲らなかった。 「篠原が1番で持って来てくれて、いけると確信しました。優勝できて本当にうれしいです」と佐藤。タイムはチームベストには届かなかったものの、市船橋にとってこの種目初優勝となった。 学校対抗の総合優勝は、4×400mリレーで2位に食い込んだ中京大中京にあと0.5点届かなかったものの、選手たちの表情は晴れやかだった。マイルリレーの連覇、そして総合優勝への夢は、2走を走った宮地、3走を担った志水ら後輩たちへとバトンリレーしていく。 ■優勝者一覧 【男子】 100m 関口裕太(東京学館新潟3新潟)10秒38(-0.6) 200m 齋藤慧舟(日大東北3福島) 21秒47(-2.3) 400m 冨永湧平(東福岡3福岡)47秒01 800m 大野聖登(秋田工3秋田)  1分51秒14 1500m 大野聖登(秋田工3秋田)3分44秒93 5000m ダニエル・ディリツ(大分東明3大分) 13分50秒54 110mハードル 紺野稜真(九里学園3山形)14秒57(-3.8) 400mハードル 紺野稜真(九里学園3山形)50秒46 4×100mリレー 洛南(京都)39秒71=大会新 4×400mリレー 東福岡(福岡)3分11秒93 3000m障害 齊藤大空(利府3宮城)9分04秒39 5000m競歩 長田隼人(松山工3愛媛)20分52秒49 走高跳 川崎俊祐(市尼崎2兵庫)2m12 棒高跳 渡邉瑛斗(大塚3大阪)5m10 走幅跳 吉田正道(姫路商3兵庫)7m40(-0.4) 三段跳 吉田康晟(富岡東3徳島)  15m96(+3.6) 砲丸投 山田暉斗(法政二3神奈川)18m74=大会新 円盤投 山口翔輝夜(社3兵庫)49m97 ハンマー投 秋山玲二郎(四学香川西3香川)66m23=大会新 やり投 清野康介(山形市商3山形)64m93 八種競技 高橋 諒(桐朋2東京)5992点(追い風参考) 【女子】 100m 藏重みう(中京大中京3愛知)11秒85(-0.5) 200m  児島柚月(西京3京都)   24秒32(-1.2) 400m 児島柚月(西京3京都)54秒04 800m  壁谷衿奈(仙台育英2宮城) 2分08秒56 1500m カリバ・カロライン(神村学園3鹿児島)4分08秒72 3000m カリバ・カロライン(神村学園3鹿児島)8分52秒04 100mハードル 林 美希(中京大中京2愛知)13秒65(-1.5) 400mハードル 瀧野未来(京都橘2京都)58秒54 4×100mリレー 中京大中京(愛知)45秒42 4×400mリレー 市船橋(千葉)3分44秒04 5000m競歩 吉留美桜(神村学園3鹿児島)22分56秒51 走高跳 森﨑優希(明星学園2東京) 1m76 棒高跳 小林美月(明星学園2東京) 4m00=大会タイ 走幅跳 松村琴都(瑞陵2愛知)5m93(-1.2) 三段跳 佐々木千翔(市船橋3千葉)12m45(+1.4) 砲丸投 奥山琴未(岡山商大附3岡山)14m57 円盤投 友利晟弓(那覇西3沖縄)46m46 ハンマー投 三村啓恵(敦賀3福井)53m82 やり投 倉田紗優加(伊那北3長野) 53m82 七種競技  林 美希(中京大中京2愛知) 5231点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top