HOME 高校・中学

2022.05.30

【高校生FOCUS】女子棒高跳・村田蒼空(前橋女)「目標はインターハイ2連覇と高校新」
【高校生FOCUS】女子棒高跳・村田蒼空(前橋女)「目標はインターハイ2連覇と高校新」

FOCUS! 高校生INTERVIEW
村田蒼空 Murata Sora
前橋女3群馬

 活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年の福井インターハイ女子棒高跳で2年生Vを果たした村田蒼空選手(前橋女3群馬)にインタビューしました。今季も安定した試技で、5月5日の水戸招待では高校記録にあと10cmと迫る4m03(高校歴代4位)に成功しています。その後の大会では高校新記録に挑戦し、惜しい跳躍もあったとか。高校ラストシーズンへの意気込みや、普段の練習の様子、将来の目標などいろいろ聞いちゃいました。

広告の下にコンテンツが続きます

北関東大会で高校新を!

――冬季練習はいかがでしたか?
村田 練習の最後に300m走を1本入れました。お陰で体力がついた感覚がありますし、順調に練習を積めたことが自信になりました。

――3月のU20日本室内大阪大会優勝(4m00)もその成果ですか?
村田 あの時は動きが全然ダメでした。でも、その中で4m00跳べたことや、その後の試合でもコンスタントに4m00を跳べるようになったことで、昨年より力がついた気がしています。

――群馬県大会前の水戸招待(5月5日)では高校歴代4位の4m03を跳びました。
村田 あの日は風が良くて、助走にもプラスに働きますし、ポールが立っていなくても風が押してくれるという追い風の良い条件でした。1年半ぶりぐらいの自己ベストだったのでうれしかったです。

――群馬県大会(5月15日)は大会新の4m00で優勝しました。
村田 優勝できたのは良かったですが、4m14に挑戦して跳べなくて悔しかったです。3本目が惜しくて、一瞬、「跳べたかな」と思ったのですが……。高校新は北関東大会にとっておきます。

広告の下にコンテンツが続きます

――今、使っているポールを教えてください。昨年のインターハイでは14フィート、135ポンドで跳んで、終盤にそれまでほとんど使ったことがない14フィート、140ポンドに替えていました。
村田 今のマックスポールが14フィート、145ポンドです。でも、それはまだ2試合ぐらいで毎回使えているわけでもないので、しっかり使いこなせるようにしたいです。

――高校最後のシーズンとなる今季の目標を教えてください。
村田 インターハイ2連覇と高校記録(4m13)の更新です。

――あらためて、2021年はどんなシーズンでしたか?
村田 2月上旬に左足を疲労骨折するなどケガから始まり、シーズン前半は勝てなくて悔しい思いもしましたが、インターハイを勝てたことで自信がつき、U18大会も勝ってとても良い1年でした。ただ、シーズン後半は何度か挑戦した高校記録(4m13)を跳べなかったことは少し残念でした。

――昨年のインターハイでは、優勝記録となった大会新の4m00が、一度バーが落ちたものの、風による落下でクリアが認められるなど、スリリングな展開でした。
村田 インターハイは夢の舞台だったので、始まってからずっと緊張していました。調子自体は悪くなかったですが、失敗の試技が多くて、ヒヤヒヤの試合展開でしたし、最後の4m00を跳ぶ前は心臓がバクバクでした。

広告の下にコンテンツが続きます

将来は日本新と日本一

――陸上を始めたきっかけは?
村田 小学4年生の時、母に勧められて受けた群馬県のスーパーキッズプロジェクトに合格してからです。最初はポールも曲げられなくて、基礎的なことばかりでしたが、先生たちが楽しく教えてくれました。あの頃が一番棒高跳を楽しんでいたかもしれません。

――普段はどのように練習していますか?
村田 週2回は学校で主に走練習をやって、残りの日は地元のクラブ、ベルアスレチックスジャパンで跳躍練習をしています。放課後に電車で1時間かけてクラブ練習拠点のベルドームに通い、練習は2~3時間ですね。

――指導者は顧問の濵名愛先生は、2014年日本選手権女子棒高跳で優勝しています。
村田 濵名先生には学校でのトレーニングを見てもらい、技術面は基本的にベルアスレチックスジャパンの田中光コーチに指導していただいています。

――群馬には強い高校生が多くいますね。
村田 大会では戦う全員がライバルだと思っています。負けず嫌いなので、誰にも負けないようにがんばりたいです。

広告の下にコンテンツが続きます

――棒高跳の魅力を教えてください。
村田 自分の力でポールを曲げて、空高く舞えるところですね。

――趣味や興味のあることは?
村田 うーん……何だろう。結構、すぐに棒高跳のことを考えてしまいます。家に帰っても自分の練習の動画を見たりしています。

――学校の授業は?得意な教科は?
村田 得意と言えるかわかりませんが、解答が明確な数学が好きで、苦手なのは英語です。実は、練習で疲れてしまって集中できないことがあります……。

――将来的な目標を教えてください。
村田 棒高跳では日本記録(4m40)を塗り替えたいですし、日本選手権でも優勝したいです。女子の棒高跳は世界と差があるので、まずは日本一になることを目指したいです。

広告の下にコンテンツが続きます

――競技以外での目標は?
村田 まだどんな仕事ができるかわかりませんので、大学に進学して見つけていきたいと思っています。

◎むらた・そら/2004年4月30日生まれ。群馬・渋川北中→前橋女高。小学4年で棒高跳を始め、小学校時代のベストは2m60(室内)。中学では全中種目に女子棒高跳がなく、主に県内の競技会で試合を重ねた。中3の2019年に室内で3m80の当時中学歴代2位タイ(現・中学歴代3位タイ)を跳んでいる。高1で4m00(室内)をマークすると、高2の昨年はインターハイ、U18大会を制した。自己ベストは棒高跳4m03(2022年)、100m12秒88(2021年)

構成/小野哲史

FOCUS! 高校生INTERVIEW 村田蒼空 Murata Sora 前橋女3群馬  活躍中の注目高校アスリートをフォーカスして紹介! 今回は昨年の福井インターハイ女子棒高跳で2年生Vを果たした村田蒼空選手(前橋女3群馬)にインタビューしました。今季も安定した試技で、5月5日の水戸招待では高校記録にあと10cmと迫る4m03(高校歴代4位)に成功しています。その後の大会では高校新記録に挑戦し、惜しい跳躍もあったとか。高校ラストシーズンへの意気込みや、普段の練習の様子、将来の目標などいろいろ聞いちゃいました。

北関東大会で高校新を!

――冬季練習はいかがでしたか? 村田 練習の最後に300m走を1本入れました。お陰で体力がついた感覚がありますし、順調に練習を積めたことが自信になりました。 ――3月のU20日本室内大阪大会優勝(4m00)もその成果ですか? 村田 あの時は動きが全然ダメでした。でも、その中で4m00跳べたことや、その後の試合でもコンスタントに4m00を跳べるようになったことで、昨年より力がついた気がしています。 ――群馬県大会前の水戸招待(5月5日)では高校歴代4位の4m03を跳びました。 村田 あの日は風が良くて、助走にもプラスに働きますし、ポールが立っていなくても風が押してくれるという追い風の良い条件でした。1年半ぶりぐらいの自己ベストだったのでうれしかったです。 ――群馬県大会(5月15日)は大会新の4m00で優勝しました。 村田 優勝できたのは良かったですが、4m14に挑戦して跳べなくて悔しかったです。3本目が惜しくて、一瞬、「跳べたかな」と思ったのですが……。高校新は北関東大会にとっておきます。 ――今、使っているポールを教えてください。昨年のインターハイでは14フィート、135ポンドで跳んで、終盤にそれまでほとんど使ったことがない14フィート、140ポンドに替えていました。 村田 今のマックスポールが14フィート、145ポンドです。でも、それはまだ2試合ぐらいで毎回使えているわけでもないので、しっかり使いこなせるようにしたいです。 ――高校最後のシーズンとなる今季の目標を教えてください。 村田 インターハイ2連覇と高校記録(4m13)の更新です。 ――あらためて、2021年はどんなシーズンでしたか? 村田 2月上旬に左足を疲労骨折するなどケガから始まり、シーズン前半は勝てなくて悔しい思いもしましたが、インターハイを勝てたことで自信がつき、U18大会も勝ってとても良い1年でした。ただ、シーズン後半は何度か挑戦した高校記録(4m13)を跳べなかったことは少し残念でした。 ――昨年のインターハイでは、優勝記録となった大会新の4m00が、一度バーが落ちたものの、風による落下でクリアが認められるなど、スリリングな展開でした。 村田 インターハイは夢の舞台だったので、始まってからずっと緊張していました。調子自体は悪くなかったですが、失敗の試技が多くて、ヒヤヒヤの試合展開でしたし、最後の4m00を跳ぶ前は心臓がバクバクでした。

将来は日本新と日本一

――陸上を始めたきっかけは? 村田 小学4年生の時、母に勧められて受けた群馬県のスーパーキッズプロジェクトに合格してからです。最初はポールも曲げられなくて、基礎的なことばかりでしたが、先生たちが楽しく教えてくれました。あの頃が一番棒高跳を楽しんでいたかもしれません。 ――普段はどのように練習していますか? 村田 週2回は学校で主に走練習をやって、残りの日は地元のクラブ、ベルアスレチックスジャパンで跳躍練習をしています。放課後に電車で1時間かけてクラブ練習拠点のベルドームに通い、練習は2~3時間ですね。 ――指導者は顧問の濵名愛先生は、2014年日本選手権女子棒高跳で優勝しています。 村田 濵名先生には学校でのトレーニングを見てもらい、技術面は基本的にベルアスレチックスジャパンの田中光コーチに指導していただいています。 ――群馬には強い高校生が多くいますね。 村田 大会では戦う全員がライバルだと思っています。負けず嫌いなので、誰にも負けないようにがんばりたいです。 ――棒高跳の魅力を教えてください。 村田 自分の力でポールを曲げて、空高く舞えるところですね。 ――趣味や興味のあることは? 村田 うーん……何だろう。結構、すぐに棒高跳のことを考えてしまいます。家に帰っても自分の練習の動画を見たりしています。 ――学校の授業は?得意な教科は? 村田 得意と言えるかわかりませんが、解答が明確な数学が好きで、苦手なのは英語です。実は、練習で疲れてしまって集中できないことがあります……。 ――将来的な目標を教えてください。 村田 棒高跳では日本記録(4m40)を塗り替えたいですし、日本選手権でも優勝したいです。女子の棒高跳は世界と差があるので、まずは日本一になることを目指したいです。 ――競技以外での目標は? 村田 まだどんな仕事ができるかわかりませんので、大学に進学して見つけていきたいと思っています。 ◎むらた・そら/2004年4月30日生まれ。群馬・渋川北中→前橋女高。小学4年で棒高跳を始め、小学校時代のベストは2m60(室内)。中学では全中種目に女子棒高跳がなく、主に県内の競技会で試合を重ねた。中3の2019年に室内で3m80の当時中学歴代2位タイ(現・中学歴代3位タイ)を跳んでいる。高1で4m00(室内)をマークすると、高2の昨年はインターハイ、U18大会を制した。自己ベストは棒高跳4m03(2022年)、100m12秒88(2021年) 構成/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top