月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

来年の出雲駅伝の各地区学連出場枠決定 北海道が1枠減り関西が1枠増

日本学連は12日、第33回出雲駅伝(10日)の結果を受けて来年度の第34回出雲駅伝の出場枠を決定した。今年から北海道枠が1つ減り、関西枠が1つ増えた。

出雲駅伝の出場枠は合計で20。うち各地区学連(北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中四国、九州)に1ずつ配分される基本枠が8、前年度大会の成績を踏まえて決まる成績枠は12ある。

10日の出雲駅伝の結果により、初出場初優勝を果たした東京国際大から10位・順大までが関東学連。11~13位には立命大をはじめとした関西学連が3校続いた。一つの地区の学連枠は基本枠、成績枠合わせて10が最大となるため、13位・関学大の関西枠が繰り上がるかたちとなり、結果として次回の成績枠は関東が9校、関西が3校となった。これにより関西枠が基本枠1、成績枠3で合計4枠に。加えて国外チームのアイビーリーグ選抜チームが参加する(今回はコロナ禍の影響のため不参加)。

●第34回出雲駅伝大会各地区学連出場枠
北海道 1(基本枠1、成績枠0) 前年比-1
東北  1(基本枠1、成績枠0)
関東  10(基本枠1、成績枠9)
北信越 1(基本枠1、成績枠0)
東海  1(基本枠1、成績枠0)
関西  4(基本枠1、成績枠3) 前年比+1
中四国 1(基本枠1、成績枠0)
九州  1(基本枠1、成績枠0)


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com