月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳デュプランティス圧巻の6m05!カーリーは史上初スプリント3種目制覇/DLブリュッセル


9月4日、ダイヤモンドリーグ(DL)ブリュッセル大会がベルギーで開催され、3種目で大会記録が更新された。

男子棒高跳の世界記録(6m18)保持者で東京五輪金メダリストA.デュプランティス(スウェーデン)は6m05で優勝し、昨年自身が作った大会記録を5cm更新。6m05のあとは世界記録更新を狙って6m19にバーを上げたが、この高さのクリアはならなかった。

女子1マイルではS.ハッサン(オランダ)が4分14秒74の大会新V。ハッサンはこの種目の世界記録(4分12秒33、19年)を持っており、今大会での記録は自身3番目の記録、パフォーマンス世界歴代5位。東京五輪でも10000m、5000m金メダル、1500m銀メダルと長距離界を席巻している。

男子400mに勝ったのは大会新44秒03をマークしたM.チェリー(米国)。東京五輪で4位に入った際にマークした44秒21の自己記録を0.18秒更新した。男子100mは東京五輪銀メダルのF.カーリー(米国)が9秒94(+0.1)で勝利。カーリーは先週のDLパリ大会の200mを19秒79で制し、400mでも過去に複数回優勝(18年、19年)しており、ダイヤモンドリーグでこの3種目に優勝した初のスプリンターとなった。

女子200mは18歳で東京五輪銀メダルのC.ムボマ(ナミビア)が21秒84(+0.4)でV。2位、3位のS.ジャクソン(ジャマイカ/21秒95)、D.アッシャー・スミス(英国/22秒04)ら実力者を抑えた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com