HOME 駅伝

2024.06.22

最終組で東海大・花岡寿哉、順大・玉目陸、早大・山口智規が激突 石田洸介と吉岡大翔は3組/全日本大学駅伝関東選考会
最終組で東海大・花岡寿哉、順大・玉目陸、早大・山口智規が激突 石田洸介と吉岡大翔は3組/全日本大学駅伝関東選考会

左から早大・山口智規、東海大・花岡寿哉、順大・玉目陸

関東学生陸上競技連盟は6月22日、明日23日に開催される第56回全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(神奈川・相模原ギオンスタジアム)のスタートリストを発表した。

選考会は昨年の本大会で8位までに入ってシード権を得ている駒大、青学大、國學院大、中大、城西大、創価大、大東大、東京国際大を除く20校が出場。10000mの4組タイムレースで行われ、1校あたり各組2人ずつ走り、8人の合計タイムで競う。上位7校が本大会(11月3日/愛知・名古屋~三重・伊勢)の出場権を手にする。

書類選考での申告タイムトップだった東海大は、各校のエースたちがそろう最終組に関東インカレ1部10000m5位の花岡寿哉と、同5000mで日本人トップの3位に食い込んだ兵藤ジュダの3年生コンビが入った。3組には10000mで28分27秒77の自己記録を持つ梶谷優斗(4年)と28分46秒20の鈴木天智(3年)を登録。11大会連続37回目の本大会出場を目指している。

昨年の本大会で14位の東洋大は17大会連続32回目の出場へ、1組に関東インカレ1部5000m5位の松井海斗、2組に宮崎優とルーキー2人を起用。3組には同10000mでチームトップの6位だった石田洸介(4年)、最終組は同10000m7位の小林亮太(4年)と同ハーフマラソン2位の梅崎蓮(4年)が入った。

8大会連続29回目の出場を目指す順大は、1組に関東インカレ1部3000m障害優勝の村尾雄己(3年)、3組に吉岡大翔(2年)、4組には同10000m8位の玉目陸(1年)が出走する。

早大は2組に石塚陽士(4年)、3組に伊藤大志(4年)とルーキーの山口竣平が入り、4組にはエースの山口智規(3年)と工藤慎作(2年)が登録された。

このほか、帝京大は関東インカレ2部10000m4位の山中博生(4年)が3組に。中央学大は昨年のワールドユニバーシティゲームズハーフマラソン4位の吉田礼志(4年)が最終組に入った。

最終組は留学生が8人がエントリーされており、気象条件にもよるがハイペースも予想される。

スタート時刻は1組が17時30分、2組が18時10分、3組が18時50分、4組が19時30分。11月の伊勢路を目指して最後まで目が離せない。

関東学生陸上競技連盟は6月22日、明日23日に開催される第56回全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(神奈川・相模原ギオンスタジアム)のスタートリストを発表した。 選考会は昨年の本大会で8位までに入ってシード権を得ている駒大、青学大、國學院大、中大、城西大、創価大、大東大、東京国際大を除く20校が出場。10000mの4組タイムレースで行われ、1校あたり各組2人ずつ走り、8人の合計タイムで競う。上位7校が本大会(11月3日/愛知・名古屋~三重・伊勢)の出場権を手にする。 書類選考での申告タイムトップだった東海大は、各校のエースたちがそろう最終組に関東インカレ1部10000m5位の花岡寿哉と、同5000mで日本人トップの3位に食い込んだ兵藤ジュダの3年生コンビが入った。3組には10000mで28分27秒77の自己記録を持つ梶谷優斗(4年)と28分46秒20の鈴木天智(3年)を登録。11大会連続37回目の本大会出場を目指している。 昨年の本大会で14位の東洋大は17大会連続32回目の出場へ、1組に関東インカレ1部5000m5位の松井海斗、2組に宮崎優とルーキー2人を起用。3組には同10000mでチームトップの6位だった石田洸介(4年)、最終組は同10000m7位の小林亮太(4年)と同ハーフマラソン2位の梅崎蓮(4年)が入った。 8大会連続29回目の出場を目指す順大は、1組に関東インカレ1部3000m障害優勝の村尾雄己(3年)、3組に吉岡大翔(2年)、4組には同10000m8位の玉目陸(1年)が出走する。 早大は2組に石塚陽士(4年)、3組に伊藤大志(4年)とルーキーの山口竣平が入り、4組にはエースの山口智規(3年)と工藤慎作(2年)が登録された。 このほか、帝京大は関東インカレ2部10000m4位の山中博生(4年)が3組に。中央学大は昨年のワールドユニバーシティゲームズハーフマラソン4位の吉田礼志(4年)が最終組に入った。 最終組は留学生が8人がエントリーされており、気象条件にもよるがハイペースも予想される。 スタート時刻は1組が17時30分、2組が18時10分、3組が18時50分、4組が19時30分。11月の伊勢路を目指して最後まで目が離せない。

全日本大学駅伝関東選考会の最終組出場者

東海大  花岡寿哉(3年)  兵藤ジュダ(3年) 東洋大  梅崎蓮(4年)   小林亮太(4年) 順大   海老澤憲伸(4年) 玉目陸(1年) 帝京大  福島渉太(4年)  島田晃希(3年) 早大   山口智規(3年)  工藤慎作(2年) 中央学大 堀田晟礼(4年)  吉田礼志(4年) 日大   安藤風羽(4年)  シャドラック・キップケメイ(2年) 日体大  平島龍斗(3年)  山崎丞(3年) 明大   吉川響(3年)   堀颯介(3年) 法大   武田和馬(4年)  野田晶斗(2年) [adinserter block="4"] 駿河台大 スティーブン・レマイヤン(2年)  東泉大河(3年) 山梨学大 ジェームス・ムトゥク(3年)  和田瑛登(2年) 麗澤大  工藤大和(4年)  デイビッド・シュンゲヤネイヤイ(3年) 専大   ダンカン・マイナ(1年)  新井友裕(3年) 東農大  原田洋輔(3年)  深堀優(3年) 国士大  ピーター・カマウ(4年)  生駒直幸(3年) 神奈川大 宮本陽叶(3年)  新妻玲旺(2年) 立教大  稲塚大祐(4年)  馬場賢人(3年) 亜大   水﨑隼(3年)   ジョンソン・モゲニ(2年) 流経大  長谷川瑠(4年)  ボニフェス・ムテチ(2年)  

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top