HOME 箱根駅伝

2023.12.11

【箱根駅伝エントリー】創価大は“山の神”候補の吉田響、今季好調の吉田凌ら主軸を登録 堅実な継走で3位以上目指す
【箱根駅伝エントリー】創価大は“山の神”候補の吉田響、今季好調の吉田凌ら主軸を登録 堅実な継走で3位以上目指す

強力世代が卒業した創価大だが、出雲駅伝では2位と健闘。出雲、全日本区間賞の吉田響(左)と吉田凌がチームを支える

創価大のエントリー選手16名をチェック!

■創価大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校)
◎前回8位、出雲2位、全日本6位
上杉 祥大(4年/東大和高・東京)
桑田 大輔(4年/八頭高・鳥取)
山森 龍暁(4年/鯖江高・福井)
小暮 栄輝(3年/樹徳高・群馬)
濱口 直人(3年/相洋高・神奈川)
吉田  響(3年/東海大翔洋高・静岡)
吉田  凌(3年/学法石川高・福島)
石丸 惇那(2年/出水中央高・鹿児島)
竹田康之助(2年/東海大札幌高・北海道)
野沢 悠真(2年/利府高・宮城)
山下  蓮(2年/鎮西学院高・長崎)
織橋  巧(1年/中京高・岐阜)
川上 翔太(1年/市船橋高・千葉)
小池 莉希(1年/佐久長聖高・長野)
齊藤 大空(1年/利府高・宮城)
スティーブン・ムチーニ(1年/ミクユニ高・ケニア)

第100回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月11日に発表された。 前回8位の創価大。昨季までの強力世代が卒業したが、出雲駅伝で過去最高順位となる2位。その出雲で区間賞に輝いた山森龍暁(4年)や、出雲、全日本と併せて三大駅伝5区区間賞を狙う吉田響(3年)ら、中心選手が順当にエントリーされた。 今季好調の吉田凌(3年)や前回経験者の桑田大輔(4年)、石丸惇那、野沢悠真(ともに2年)もメンバー入り。留学生はリーキー・カミナ(3年)が外れ、1年生のスティーブン・ムチーニのみの登録となった。 すでに大学駅伝デビューを果たした小池莉希と織橋巧、上尾ハーフでチームトップだった川上翔太、10000m記録挑戦競技会で28分台に突入した齊藤大空ら、例年以上に勢いがある1年生も5人がエントリーされ、虎視眈々と出走の機会をうかがう。 目標は3位以上。ロードの安定感は出場校の中でも屈指で、特殊区間も計算が立っている。往路で優勝争いに加わり、上位候補たちを相手に存在感を示せるか。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 <創価大のエントリー選手名鑑はこちら

創価大のエントリー選手16名をチェック!

■創価大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回8位、出雲2位、全日本6位 上杉 祥大(4年/東大和高・東京) 桑田 大輔(4年/八頭高・鳥取) 山森 龍暁(4年/鯖江高・福井) 小暮 栄輝(3年/樹徳高・群馬) 濱口 直人(3年/相洋高・神奈川) 吉田  響(3年/東海大翔洋高・静岡) 吉田  凌(3年/学法石川高・福島) 石丸 惇那(2年/出水中央高・鹿児島) 竹田康之助(2年/東海大札幌高・北海道) 野沢 悠真(2年/利府高・宮城) 山下  蓮(2年/鎮西学院高・長崎) 織橋  巧(1年/中京高・岐阜) 川上 翔太(1年/市船橋高・千葉) 小池 莉希(1年/佐久長聖高・長野) 齊藤 大空(1年/利府高・宮城) スティーブン・ムチーニ(1年/ミクユニ高・ケニア)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

NEWS 【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

2024.04.13

【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

【大会結果】第32回金栗記念選抜陸上中長距離熊本大会(2024年4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) ●男子 GP800m  髙梨有仁(関大)       1分48秒96 GP1500m  G.アブラハム(阿見AC) […]

NEWS 女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

2024.04.13

女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

女子800m高2歴代5傑をチェック! 2.05.03 川田朱夏(東大阪大敬愛・大阪) 2016. 8. 1 2.05.30 徳田由美子(埼玉栄・埼玉)   1990. 9.28 2.05.35 久保凛(東大阪大敬愛・大阪 […]

NEWS 三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top