HOME 高校・中学

2022.12.23

大逆転か大逃げか 神村学園と仙台育英が激突 近畿2校も有力/全国高校駅伝展望・女子
大逆転か大逃げか 神村学園と仙台育英が激突 近畿2校も有力/全国高校駅伝展望・女子

22年全国高校駅伝女子の優勝候補チームの選手たち。左から神村学園・田島、仙台育英・杉森、薫英女学院・水本、立命館宇治・細谷

高校生長距離ランナーの夢の舞台、全国高校駅伝が12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)発着で行われる。47都道府県の代表がクリスマスの都大路でタスキをつなぐ。ここでは5区間21.0975kmで争う第34回大会の女子のレースを展望する。

後半型の神村学園と前半型の仙台育英
立命館宇治や薫英女学院も充実

トラックの平均タイムや今季の駅伝成績、経験など総合的に判断すると、前回3位の神村学園(鹿児島)と2連覇を狙う仙台育英(宮城)を軸とした優勝争いとなりそうだ。

神村学園は強力な留学生を擁し、鹿児島県大会ではランキングトップの1時間7分27秒。1区は、3000m9分07秒13の田島愛梨(3年)が務めるだろう。仮に区間賞を取れなくとも、ライバル校から20秒差程度で2区につなぐことができれば勝機は出てくる。2~4区は上野優月(3年)ら9分20秒台の選手でつなぎ、アンカーはインターハイ1500m・3000m2冠のカリバ・カロライン(2年)が入るオーダーが想定される。カロラインは鹿児島県大会で向かい風のなか5㎞14分58秒で駆け抜けており、先頭と40秒程度の差でも逆転は可能なはずだ。

仙台育英も調子を上げてきた。前回2区区間賞の杉森心音(3年)は今季5000mで15分34秒54をマークするなど、エースとしてチームを牽引。また、3000mは10人が9分30秒以内で走るなど、選手層も厚い。特に秋以降、留学生のデイシー・ジェロップ、細川あおい、長岡みさきの1年生トリオが好調だ。1区濃厚の杉森から主導権を握れるか。チームとしては4区終了時で留学生のいるライバル校に1分00秒~1分10秒、日本人チームには20秒程度のリードを築きたいとしている。

都大路での実績、経験値などを加味すれば、前回4位の立命館宇治(京都)や同2位の薫英女学院(大阪)の近畿勢2校も優勝を狙う位置にいる。

前哨戦となる10月9日のくらよし女子駅伝を1時間8分57秒で優勝した立命館宇治。府大会で1区を務めた細谷愛子、2区の太田吹雪(いずれも3年)、アンカーの山本釉未(2年)が中心となる。総合力と第1回大会から続く34年連続出場というどこにも負けない経験値で10年ぶり4度目の頂点を狙っている。

薫英女学院は前回1区の西澤茉鈴、2区の薮谷奈瑠、5区を走った水本佳菜の3年生が軸だ。特に水本はインターハイ1500m(3位)と3000m(4位)の両種目で日本人トップと世代を代表するランナーとなった。また西澤と薮谷も、高校最後となる都大路へ合わせている。V奪還を誓って立てた3年計画の最終年。6年ぶり3度目の栄冠で結実するだろうか。

前回も1~4位を占めた4校。今回もレース巧者ぶりを発揮してV戦線を引っ張るかたちとなりそうだ。

次のページ 上位戦線に絡む力を持つ白鵬女、長野東、ルーテル学院、筑紫女学園

高校生長距離ランナーの夢の舞台、全国高校駅伝が12月25日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)発着で行われる。47都道府県の代表がクリスマスの都大路でタスキをつなぐ。ここでは5区間21.0975kmで争う第34回大会の女子のレースを展望する。

後半型の神村学園と前半型の仙台育英 立命館宇治や薫英女学院も充実

トラックの平均タイムや今季の駅伝成績、経験など総合的に判断すると、前回3位の神村学園(鹿児島)と2連覇を狙う仙台育英(宮城)を軸とした優勝争いとなりそうだ。 神村学園は強力な留学生を擁し、鹿児島県大会ではランキングトップの1時間7分27秒。1区は、3000m9分07秒13の田島愛梨(3年)が務めるだろう。仮に区間賞を取れなくとも、ライバル校から20秒差程度で2区につなぐことができれば勝機は出てくる。2~4区は上野優月(3年)ら9分20秒台の選手でつなぎ、アンカーはインターハイ1500m・3000m2冠のカリバ・カロライン(2年)が入るオーダーが想定される。カロラインは鹿児島県大会で向かい風のなか5㎞14分58秒で駆け抜けており、先頭と40秒程度の差でも逆転は可能なはずだ。 仙台育英も調子を上げてきた。前回2区区間賞の杉森心音(3年)は今季5000mで15分34秒54をマークするなど、エースとしてチームを牽引。また、3000mは10人が9分30秒以内で走るなど、選手層も厚い。特に秋以降、留学生のデイシー・ジェロップ、細川あおい、長岡みさきの1年生トリオが好調だ。1区濃厚の杉森から主導権を握れるか。チームとしては4区終了時で留学生のいるライバル校に1分00秒~1分10秒、日本人チームには20秒程度のリードを築きたいとしている。 都大路での実績、経験値などを加味すれば、前回4位の立命館宇治(京都)や同2位の薫英女学院(大阪)の近畿勢2校も優勝を狙う位置にいる。 前哨戦となる10月9日のくらよし女子駅伝を1時間8分57秒で優勝した立命館宇治。府大会で1区を務めた細谷愛子、2区の太田吹雪(いずれも3年)、アンカーの山本釉未(2年)が中心となる。総合力と第1回大会から続く34年連続出場というどこにも負けない経験値で10年ぶり4度目の頂点を狙っている。 薫英女学院は前回1区の西澤茉鈴、2区の薮谷奈瑠、5区を走った水本佳菜の3年生が軸だ。特に水本はインターハイ1500m(3位)と3000m(4位)の両種目で日本人トップと世代を代表するランナーとなった。また西澤と薮谷も、高校最後となる都大路へ合わせている。V奪還を誓って立てた3年計画の最終年。6年ぶり3度目の栄冠で結実するだろうか。 前回も1~4位を占めた4校。今回もレース巧者ぶりを発揮してV戦線を引っ張るかたちとなりそうだ。 次のページ 上位戦線に絡む力を持つ白鵬女、長野東、ルーテル学院、筑紫女学園

上位戦線に絡む力を持つ 白鵬女、長野東、ルーテル学院、筑紫女学園

この4校を追いかけるのが関東大会を制した白鵬女(神奈川)、前回5位の興譲館(岡山)、同7位の長野東(長野)、ルーテル学院(熊本)、筑紫女学園(福岡)、東北制覇の青森山田(青森)が挙げられる。 白鵬女は前回1、2年生オーダーで24位だったが、今季は関東大会で1時間8分台をマークし、上位を望める位置につける。2年生エースの古田島彩を軸に、留学生のジェシンタ・ニョカビ(1年)も強力だ。県大会を1時間9分22秒で制覇した興譲館。1年前の都大路で1年生ながら1区を務めた奥本菜瑠海ら2年生が順調に成長しており、上位が見える位置で留学生にタスキを渡せるか。 長野東は前回、1区を務めて3位だった村岡美玖(3年)と、2区区間7位の名和夏乃子(2年)が二枚看板。前回8位入賞メンバーが全員残ったところに、ルーキーも台頭し、4年ぶりのメダル獲得を狙う。2017年以来の都大路となるルーテル学院はエースの溝上加菜(3年)が流れを作る。県大会では、1区を18分38秒の区間新で駆け抜けた。 3年ぶりに戻ってきた筑紫女学園。県大会と地区大会ではいずれも1時間9分台を出している。3000m9分11秒96の自己記録を持つエースの松本明莉(3年)が積極的な走りでチームを引っ張れるか。30年連続30回目の出場となる青森山田は前回、日本人選手のみで臨み16位だったが、今季は留学生のルーシー・ドゥータ(1年)が加入。3000m8分台の記録を持ち、青森県大会、東北大会はいずれもアンカーを務めて大きくリードした。今季1区を経験した鈴木維莉(2年)と主将の對馬千紘(3年)ら日本人選手がカギを握る。 この他では、関東大会2位の成田(千葉)は3区の鈴木優菜(3年)、4区の長島奈南(3年)が連続区間賞で追い上げた。さらに2021年全中1500m3位のルーキー・今西紗世ら駒がそろい、6年ぶり入賞に挑む。関東大会3位の順天は前回14位のメンバー4人が健在。3000m9分05秒46の自己ベストを持つエース・小川陽香(3年)を中心に序盤から流れをつかみ、上位に食い込みたいところだ。 3000mの平均タイムで9分27秒の学法石川(福島)も、トラックのスピードを発揮できれば入賞戦線に加わりそう。福島県大会で1区を制した岩崎麻知子や主将の佐藤瑠香ら3年生が牽引する。前回8位の諫早(長崎)は、エースの田中咲蘭(3年)で上位につけて2年連続入賞をもぎ取れるか。 前回12位の山田(高知)や13位の旭川龍谷(北海道)は序盤から流れに乗れば、入賞ラインで戦う力はある。また、関東大会で1時間10分前半をマークした茨城キリスト(茨城)や昌平(埼玉)は1時間9分台も見えてくるだろう。兵庫を制した西脇工はエースの飯塚菜月(3年)で弾みをつけられるか。豊川(愛知)はインターハイ3000mで決勝に進んだ吉田莉帆(3年)を軸にうまく流れれば、8位前後でレースを進めそうだ。 優勝タイムについては1時間7分10秒あたりが想定される。また、入賞ラインは、比較的スローな展開となれば、都道府県大会や地区大会で1時間10 ~ 11分台のチームにもチャンスが巡ってくる。まずは万全のコンディションで臨むことが重要だ。経験値はともかく、トラックの持ちタイムだけでは予想がつかないのが駅伝。34回目を迎える今回は、どんなドラマが展開されるのか。12月25日10時20分。高校駅伝の聖地、西京極に号砲が鳴る。 次のページ スタート時間と各区間距離、大会記録等

スタート時間と各区間距離、大会記録等

全国高校駅伝(男子73回、女子34回) 12月25日(日)/京都・たけびしスタジアム京都発着 ●女子→10時20分スタート 〔5区間21.0975km〕 1区6km-2区4.0975km-3区3km-4区3km-5区5km ○高校最高記録 1.06.26 埼玉栄(埼玉)/1996年全国 ○高校国内国際最高記録 1.06.04 神村学園(鹿児島)/2020年鹿児島県大会 ○大会記録 1.06.26 埼玉栄(埼玉)/1996年 ●男子→12時30分スタート 〔7区間42.195km〕 1区10km-2区3km-3区8.1075km-4区8.0875km-5区3km-6区5km-7区5km ○高校最高記録 2.01.59 洛南(京都)/2021年全国 ○高校国内国際最高記録 2.01.18 世羅(広島)/2015年全国 ○大会記録 2.01.18 世羅(広島)/2015年 ■2022全国高校駅伝代表校一覧はこちらをクリック!

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top